赤城山麓ビール


ブルーパブ名:  赤城クローネンベルグ (旧名: 赤城高原牧場 クローネンベルグ)
電話番号: 027-283-8451
住所: 群馬県前橋市苗ヶ島町2331
定休日: 無休、 1月〜2月は、水・木曜休
営業時間: 9:00〜17:00、 8月は、9:00〜18:00、 11/26〜2/29の間は、10:00〜17:00
ビールの種類: ピルスナー
ミュンヘン
ボック
その他、季節限定ビール
営業開始: 1997年4月
アクセス: 東武鉄道 桐生線、上毛電鉄 上毛線/赤城駅からタクシーで約20分
上毛電鉄 上毛線/大胡駅からタクシーで約20分
URL: http://akagi-kronenberg.jp/

製造元: 株式会社ファーム
電話番号: 027-283-8451
住所: 群馬県前橋市苗ヶ島町2331

赤城山麓ビールは、群馬県前橋市(訪問当時は、群馬県勢多郡宮城村) にある農業公園型テーマパーク「赤城高原牧場 クローネンベルグ」で製造・販売していました。
クローネンベルグは、欧州ドイツの街並みを赤城山麓に再現した農業公園型のテーマパークで、 四季折々の花々に囲まれた本場ドイツの自然と文化を体験できる場所です。 クローネンベルグの名称は、ドイツ語で王様がかぶる王冠「クローネ」と、山「ベルク」を合わせた造語です。 園内には、地ビールをはじめ本場ドイツ仕込みの自家製ソーセージや焼き立てのパンやバームクーヘンを製造する工房や、 ファーストフード、レストラン、バーベキューハウスなどの飲食施設、 自家製加工品やお酒・グッズなどお土産品を扱う各種ショップ、そしておもしろ自転車やボートなどの遊具類など、 観光施設が整っていました。 また、バター、ソーセージ、アイスクリーム、パン、キャンドルなどの手づくり体験、 乗馬や小動物とのふれあい体験、デイキャンプのできるアウトドア体験など様々な体験ができます。 家族や友人と一日たっぷりと過ごせる場所です。
入園料は、大人が1000円、4歳〜小学生が500円。


赤城高原牧場 クローネンベルグ


赤城高原牧場 クローネンベルグの入園ゲート前





地ビール工房のあるブルワリーパブ「ブルーメン」


赤城山麓ビールは、赤城山のおいしい水を仕込み水として使用し、 原材料はドイツ産のものを使用して本場ドイツの製法にこだわって醸造されるビールです。


330ml瓶のピルスナー、 ミュンヘン、 ボック


500ml瓶のピルスナー、 ミュンヘン、 ボック


赤城クローネンベルグは、株式会社ファームが展開する農業公園型テーマパークの1つです。
この他にビールの製造・販売を手掛けるテーマパークとしては、
信州塩尻農業公園 チロルの森(長野)
滋賀農業公園 ブルーメの丘(滋賀)
京都府農業公園 丹後あじわいの郷 ゆーらぴあ(京都)[閉園]
堺・緑のミュージアム ハーベストの丘(大阪)
神崎農村公園 ヨーデルの森(兵庫)[撤退]
岡山農業公園 ドイツの森クローネンベルグ(岡山)
斐川リフレッシュパーク 出雲いりすの丘(島根)[閉園]
石鎚芸術村 チロルの森(愛媛)[閉園]
エルンデ大洲(愛媛)[閉園]
憩いの里あぐりの丘(長崎)[撤退]
などが、あります。
また、株式会社ファームとその関連会社である赤城高原開発株式会社は、 2016年5月30日に民事再生法の適用を申請し、その負債総額は2社合計約58億円にも及びました。 その後も残された4ヶ所のテーマパークは、営業を継続しました。


残念ながら、2017年11月30日に赤城クローネンベルグは、閉園しました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2003年3月、赤城山麓ビールは、 群馬県勢多郡宮城村にあった農業公園型テーマパーク「赤城高原牧場 クローネンベルグ」で飲みました。



 HOME >> 甲信越 >> 赤城山麓ビール