KAMIKAZE BEER



ブルーパブ名: ファクトリー カミカゼ
電話番号: 042-524-6556
住所: 東京都立川市錦町1-24-26
定休日: 日祝休
営業時間: 17:00〜23:00
ビールの種類: クリームエール
アンバーエール
営業開始: 1999年3月
アクセス: JR南武線/西国立駅から徒歩1分
URL: http://www.mumonan.jp/kamikaze/

製造元: 株式会社無門
電話番号: 042-529-2323
住所: 東京都立川市錦町1-24-26


カミカゼビールは、東京都立川市にある「ファクトリー カミカゼ」で製造・販売しています。
ファクトリー カミカゼは、JR南部線西国立駅のすぐそばにあるブルーパブです。 開店当時は、「BrewPub KAMIKAZE」という店名で、内装もギラギラした派手な感じで、 1階が天井の高いビアホールになっていて、2階にはパーティールームがありました。 その後、店内が改装されて現在のような落ち着いた内装になりました。


ファクトリー カミカゼ





ファクトリー カミカゼのエントランス


1階のエントランス・スペース


現在は改装されて、1階にビール工場、2階にレストランがあります。
店内は、テーブル席が並び、ガラス越しに階下の醸造施設が眺められます。 タップが3つ並ぶカウンターと反対側には、ライブのできる設備が設置されてあり、 定期的にライブが行われています。


2階のレストランへ


レストランの店内





カウンターには3本のタップ


ライブ設備


昔懐かしいジュークボックス


醸造設備


カミカゼビールは、ビール好きなオーナーが飲みやすいビールを造りたいと考え、 アメリカ各地を旅してビールを飲み歩いた末に出会った米国人ブルーマスター、 マーク・ハモン氏の協力により誕生しました。
地下100メートルの天然水を仕込み水として使用し、 副原料を一切使用せずカルフォルニア産麦芽を100%使用して醸造、 非熱処理、ろ過率を70%に抑えた酵母の生きるビールです。

クリームエール

アンバーエール


瓶入りのカミカゼビール

無門では、カミカゼビールの他にも、「たけくらべビール」(無門庵店内限定販売)、
「国営昭和記念公園麦酒」(国営昭和記念公園内限定販売)[醸造中止]という銘柄でも販売していました。
また、無門は受託醸造も行っています。OEM供給先としては、
「さわぴー」(小澤酒造(株)/東京)があります。



つまみ代りに注文したシーザーサラダ


ビアクルーズ管理人の一言:
2003年4月、カミカゼビールは、東京都立川市、JR南部線の西国立駅すぐ近くにある「ファクトリー カミカゼ」を訪れて飲みました。



 HOME >> 関東 >> KAMIKAZE BEER