牛久ブルワリービール バウアー


ブルーパブ名: シャトーカミヤ
電話番号: 029-871-7022
住所: 茨城県牛久市中央3-20-1
定休日: 無休
営業時間: 11:30〜15:00、 17:00〜21:00
ビールの種類: ヘレス
デュンケル
ピルスナー
その他、スペシャルビール
営業開始: 1996年7月
アクセス: JR常磐線/牛久駅東口から徒歩8分
URL: http://www.ch-kamiya.jp/
Facebook: シャトーカミヤ Chateau-Kamiya

製造元: 合同酒精株式会社  牛久ブルワリー
電話番号: 029-873-3151
住所: 茨城県牛久市中央3-20-1


牛久ブルワリービール バウアーは、茨城県牛久市にある「シャトーカミヤ」で、製造・販売しています。
シャトーカミヤは、1903年(明治36年)に実業家である神谷傳兵衛(かみやでんべえ)氏が牛久市に建設した日本初の本格的ワイン醸造施設です。 レンガ造りの洋館は、シャトーの名にふさわしい美しい佇まいで、 旧醸造場施設の3棟が2008年には国の重要文化財に指定されました。
そのシャトーカミヤにて、1996年から牛久ブルワリービール バウアーの醸造が開始されました。


シャトーカミヤ 本館








牛久ブルワリー


ビアレストラン バウアー


ビアレストラン バウアーの店内


カウンターには3基のタップ


牛久ブルワリービール バウアーは、茨城県の第一号地ビールとして誕生しました。
ドイツでの修行中のブラウマイスターの教えを忠実に守り、 ドイツのビールを真似るのではなく日本のお客様が美味しいと思ってくれるビール造りにこだわって醸造しています。
「バウアー」の名の由来は、「木かげ」とか「東屋」(あずまや)、「離れ」(はなれ)という意味なのだそうです。
牛久ブルワリービール バウアーは、麦芽100%の非熱処理で無ろ過の酵母が生きる下面醗酵ビールです。


牛久ブルワリービール バウアー

シャトーカミヤは、1996年に酒類等製造免許(ビール)を取得し、 敷地内にビアレストラン「バウアー」をオープンしました。
その後、2008年6月には、 シャトーカミヤ内の旧醸造場施設だった事務室(現 本館)、醗酵室(現 神谷傳兵衛記念館)、貯蔵庫(現 レストラン)の3棟が、 文部科学大臣から国の重要文化財に指定されました。
また、ここ以外に、青森県八戸市にも1999年8月に「シャトーカミヤ八戸」を開業しましたが、 残念ながら、2011年7月31日に閉店しました。
シャトーカミヤの運営や、牛久ブルワリービール バウアーの醸造を行っている合同酒精株式会社は、 2003年にオエノンホールディングス株式会社へ社名を変更し、 社内の事業部門を分割して、新たに「合同酒精株式会社」として分社化しました。 それまでに買収した数々の酒造メーカーを合わせて、 総合酒造メーカーグループである「オエノングループ」となりました。
それから、ビアレストラン バウアーは、「ラ・テラス・ドゥ・オエノン」へと名称変更しました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2003年4月、牛久ブルワリービール バウアーは、 茨城県牛久市にある「シャトーカミヤ」の「ビアレストラン バウアー」を訪れて飲みました。



 HOME >> 関東 >> 牛久ブルワリービール バウアー