スピーキージー


ブルーパブ名:  ビアレストラン スピーキージー
電話番号: 03-5985-8177
住所: 東京都豊島区東池袋1-21-1 セガGIGO B2F
定休日: 無休
営業時間: 17:30〜23:30
ビールの種類: アンバーエール
営業開始: 1998年
アクセス: JR山手線、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ丸ノ内線、有楽町線/池袋駅東口から徒歩5分
URL: http://www.nomurakougei.co.jp/w.new/speakeasy.html

製造元: 株式会社乃村工藝社
電話番号: 03-5985-8177
住所: 東京都豊島区東池袋1-21-1

Speak Easy(スピーキージー)は、池袋のセガGIGO(せがぎーご)地下2階にあったビアレストランで、 店内にて醸造したビールを販売していました。 店名の"Speak Easy"とは、「こっそりと酒を注文する」という意味とのこと。


スピーキージーの店内


カウンター席


パーティーメニュー

スピーキージーを運営する「乃村工藝社」(のむらこうげいしゃ)は、1892年(明治25年)創業、 商業施設・美術館・博物館の展示施設や、 イベント・博覧会のイベント展示の企画・デザイン・設計・制作などを手掛ける大手ディスプレイデザイン会社です。
"Speak Easy"について、
1920年代のアメリカ、禁酒法が施行されていた時期に、 街の酒場が閉鎖されるたびにもぐりのバー(無許可の酒場)が1〜2軒増え、 1929年のニューヨーク・マンハッタンでは、約32,000軒ものもぐり酒場が存在し、 禁酒法の施行から10年間でおよそ2倍に増えていました。 そうしたもぐりの酒場のことを"Speak Easy"と呼んでいました。
そして、現代の東京・池袋、「隠れ家的な麦酒愛好所」をコンセプトにオープンした「Speak Easy」も、 「こっそりと酒を注文する」ことをイメージさせるお店です

スピーキージーのビールは当初店内で醸造していましたが、途中からティー・ワイ・ハーバーへ委託醸造となりました。 そして、残念ながら、2005年2月28日を以って閉店しました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2003年10月、池袋のセガGIGO地下2階にあるビアレストラン「スピーキージー」を訪れて、 自家醸造のビールを飲みました。



 HOME >> 関東 >> スピーキージー