小川地ビール


ブルーパブ名: 麦雑穀工房マイクロブルワリー
電話番号: 0493-72-5673
住所: 埼玉県比企郡小川町大塚1151-1
定休日: 月火曜休
営業時間: 11:00〜21:00
ビールの種類: 雑穀ヴァイツェン (ヴァイツェン)
夏の小川 (ペールエール)
秋の小川 (ペールエール)
おがわポーター (ダークエール)
山椒ポーター (ポーター)
茜レッドエール (アンバーエール)
かぼちゃエール (オリジナルエール)
ブルーベリーエール (フルーツエール)
山桃エール (フルーツエール)
ぶんご梅エール (オリジナルエール)
営業開始: 2004年4月
アクセス: JR八高線、東武鉄道 東上線/小川町駅から徒歩3分
URL: http://www.craft-beer.net/zkm.html
Facebook: 麦雑穀工房マイクロブルワリー

製造元: 合同会社麦雑穀工房
電話番号: 0493-72-5673
住所: 埼玉県比企郡小川町大塚1151-1


小川地ビールは、埼玉県小川町にある「麦雑穀工房(ざっこくこうぼう)マイクロブルワリー」で製造・販売しています。
麦雑穀工房マイクロブルワリーがある小川町は、 埼玉県中部に位置する人口3万7千人足らずの古くから和紙や酒造で栄えた町です。
地元で農業を営んでいる麦雑穀工房マイクロブルワリーのオーナーさんは、 有機栽培・自然力栽培・自給自足にこだわっていて、 自身の農場で獲れた農作物から自身の手で地ビールや自家製パンを作っています。


麦雑穀工房マイクロブルワリー




店内には、お手製の棚に、日本各地の地ビールのビンが整然と並べられていて、その眺めは圧巻です。


麦雑穀工房マイクロブルワリーの店内




地ビールや自家製パンを作るオーナーさんは、どこまでも自然食材にこだわっています。
将来の目標は、100%自給自足で地ビールを提供することだそうです。 ビールの原料となる大麦・小麦からホップに至るまで、 全てご自身の農場で獲れた作物だけを使って醸造していきたいと考えています。
雑穀ヴァイツェンは、副原料にライ麦のほか、キビやアワが使用されており、 フルーティーな香りが口の中に広がります。
秋の小川は、フルーティーな口当たりの良い琥珀色のペールエールスタイルのビールです。
山椒ポーターは、副原料に中国・四川省の山椒を使用しています。

雑穀ヴァイツェン
秋の小川


山椒ポーター、 おがわポーター、 秋の小川、 雑穀ヴァイツェン


♪♪♪ 恐らく、麦雑穀工房マイクロブルワリーがなかったら、
      私がこの小川町を訪れることもなかったと思います。
      地ビールを探して、今日も新しい風景と出会うことができました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2010年9月、小川地ビールは、埼玉県小川町にある「麦雑穀工房マイクロブルワリー」を訪れて飲みました。



 HOME >> 関東 >> 小川地ビール