有機農法ビール、 うえのパンダくんビール、

AMIRAALIビール


ブルーパブ名: [パブなし]
ビールの種類: 有機農法ビール (オーガニックピルスナー)
うえのパンダくんビール (ピルスナー)
AMIRAALIビール[東郷ビール] (ピルスナー)
レモンビール (フルーツビール)
レモンビール+C (フルーツビール)
販売開始:
URL: http://www.nipponbeer.jp/

企画元: 日本ビール株式会社
電話番号: 03-5489-8888
住所: 東京都目黒区上目黒1丁目8番10号

製造元: 日本ビール醸造株式会社
電話番号: 055-933-1032
住所: 静岡県沼津市下香貫下障子3140-5

有機農法ビールは、有機栽培された原料で造られるビールです。 有機栽培された大麦100%、有機栽培されたホップ100%です。

   
有機農法ビール


レモンビール+C

------------------------------------------------------------------------------------------

うえのパンダくんビールは、 2頭のジャイアントパンダ「リーリー」と「シンシン」の上野動物園来園(2011年2月)を記念して、 2011年に発売された上野観光連盟公認のビールです。 ラベルには、公式キャラクターの「うえのパンダくん」を掲載しています。 ボトルのネックからぶらさがるおまけの公式キャラクターのシールが、お祭り気分を高めます。
うえのパンダくんビールは、厳選した大麦麦芽、最高級チェコ・ザーツ産ホップを使用した、 コクのある麦芽100%のピルスナータイプのビールです。


うえのパンダくんビール

------------------------------------------------------------------------------------------

元々、AMIRAALIビール(あみらーりびーる)は、 1971年にフィンランドの首都ヘルシンキから約200kmにある森と湖に囲まれた美しい町タンペレ[Tampere] にあるピューニッキ[Pyynikki]社のビール工場で生産が開始されました。
「AMIRAALI」(アミラーリ)とは、 フィンランド語で「提督」という意味で、世界各国の提督の肖像(全24人)をラベルにしたビールを製造しており、 そのラベルの1つに「東郷平八郎元帥」ラベルがありました。 その後、ピューニッキ社が倒産、シネブリコフ[Sinebrychoff]社に買収されて、 1992年にビールの製造を中止しました。
2003年にタンペレの地ビールメーカー、 コスキパニーノ[Koskipanimo]社がシネブリコフ社からライセンスを取得、 再びAMIRAALIビールの製造を開始し、東郷ラベルも復活しましたが、2004年には製造が中止されました。
一方、1994年頃より日本の輸入会社がオランダのメーカーが製造するビールに、 AMIRAALIビールの東郷ラベルを貼って復刻版として販売していました。 そして現在は、日本ビール醸造が製造する復刻版を、日本ビールが販売しています。
<参考> 「東郷ビール」という伝説 ( http://suomi.racco.mikeneko.jp/Elama/togo-j.html
日本ビール醸造が製造するAMIRAALIビールは、ピルスナータイプのビールです。


AMIRAALIビール


これらのビールを販売する日本ビール株式会社は、 1979年(昭和54年)5月1日にビールの輸入・販売を手掛ける株式会社リカー木村商事として創業しました。 当初は、ミラーやクァーズビールなどのアメリカンビールの輸入・販売からスタートし、 輸入ビールの専門商社として歩んできました。
1993年には、社名を日本ビール株式会社に変更。
他に、純生、白濁、赤濁、チリビールなどの国産ビールも扱っています。


ビアクルーズ管理人の一言:
2010年10月、有機農法ビールは、都内酒販店で購入して、自宅で飲みました。
2011年11月、うえのパンダくんビールは、上野駅構内の特設販売所で購入して、自宅で飲みました。
2014年1月、AMIRAALIビールは、神奈川県横須賀市内の酒販店で購入して、自宅で飲みました。
2018年11月、レモンビール+Cは、愛知県内の酒販店で購入して、自宅で飲みました。



 HOME >> 関東 >> 有機農法ビール