エチゴビール


ブルーパブ名: [パブなし]
ビールの種類: ペールエール [無ろ過ビール]
スタウト [無ろ過ビール]
ヴァイツェン [無ろ過ビール]
ピルスナー [ろ過ビール]
レッドエール [ろ過ビール] ★
スタウト [ろ過ビール]
有機栽培プレミアムビール (スタウト)[ろ過ビール] ★
こしひかり越後麦酒 [ろ過ビール]
ピルスナー [缶ビール] ★
ビアブロンド [缶ビール] ★
こしひかり越後ビール [缶ビール] ★
スタウト [缶ビール] ★
レッドエール [缶ビール] ★
ホワイトエール [缶ビール] ★
太陽と大地のめぐみ [缶ビール][販売終了] ★
ケルシュ [期間限定 缶ビール][販売終了]
アメリカンウィート [期間限定 缶ビール][販売終了]
インディアペールエール [期間限定 缶ビール][販売終了]
ブラウンポーター [期間限定 缶ビール][販売終了]
ベルギースタイルホワイト [季節限定 缶ビール][販売終了] ★
アンバーエクスポート [季節限定 缶ビール][販売終了] ★
ペールエール アメリカンスタイル [缶ビール]
FLYING IPA (インディア ペールエール)[期間限定 缶ビール] ★
RISE UP IPA (インディア ペールエール)[期間限定 缶ビール] ★
ALWAYS A WHITE (ベルジャンホワイト) ★
その他、期間限定ビール
醸造開始: 1999年4月
URL: http://www.echigo-beer.jp/
Facebook: エチゴビール

製造元: エチゴビール株式会社  本社工場
電話番号: 0256-76-2866
住所: 新潟県新潟市西蒲区松山2


エチゴビールは、1994年の規制緩和以降、 最初に地ビールを製品化へ導いた全国第1号のビールです。
エチゴビールを生んだ上原酒造は、1890年(明治23年)創業の老舗造り酒屋で、清酒「越後鶴亀」の蔵元でした。 酒税法改正による規制緩和を期に、1994年12月にビール醸造免許を取得、 1995年2月には新潟県西蒲原郡巻町(現在は、新潟市西蒲区)の角田山麓に、 ブルワリーと併設のエチゴビール・ブルーパブをオープンしました。
その後、1999年4月に安価な缶詰・瓶詰製品製造のための新らたな上堰工場を建設しました。 それが、現在の本社工場となっています。
当初建てられたブルーパブを併設したブルワリーは、2010年7月に醸造を終了しました。 その後は、この本社工場がエチゴビールの主力工場として稼働を続けています。
最近は、缶入り製品の種類が増えてきており、比較的安価な価格で提供されています。


エチゴビール 本社工場














醸造設備


エチゴビールは、清酒造りにも使用されていた地元のおいしい湧き水を仕込み水として使用し、 世界各国の厳選された麦芽・ホップを使用して醸造しています。
エチゴビールの瓶詰製品には、ろ過した製品と無ろ過の製品があります。 また、缶入り商品には、幅広いバリエーションと期間限定や季節限定の商品があります。


ピルスナー、 ビアブロンド、 こしひかり越後ビール


スタウト、 レッドエール、 ホワイトエール


ベルギースタイルホワイト、 アンバーエクスポート


こしひかり越後ビール 新潟キャラクター缶、 太陽と大地のめぐみ


FLYING IPA、 RISE UP IPA


ALWAYS A WHITE (缶の表と裏)


1999年5月に、上堰工場から出荷された「エチゴビールPils 生」の缶です


エチゴビールでは、地域限定販売ビールの「箱根献上ビール」(神奈川)、 「富士献上ビール」(静岡)なども製造していました。
近年では、米国、オーストラリア、アジアなどへも輸出しており、 グローバルなクラフトビール・ブランドへと成長を遂げています。

また、当初からエチゴビールは、受託醸造も数多く行ってきました。 ただ、多品種少量な生産となり利益率が上がり難いことから、 近年は自社ブランド商品を充実して販路を拡大していくよう方向転換するようです。
過去の主なOEM供給先としては、
「山下ビール」(北海道)
GARGERY」(ビアスタイル21/東京)
コカゲビール」、「オットンオーガニックビール」(ココノホップ(株)/長野)
「茶寿」(酒道楽工藤/新潟)
「粋生BEER」(片山商事/新潟)
ゴールデンラビットビール」(ゴールデンラビットビール/奈良)
などがあります。


ビアクルーズ管理人の一言:
2010年10月、エチゴビールは、酒販店で購入して、自宅で飲みました。



 HOME >> 甲信越 >> エチゴビール