栃木マイクロブルワリー


ブルーパブ名: 栃木マイクロブルワリー 醸造所&ビアカフェ
電話番号: 028-622-1314
住所: 栃木県宇都宮市東塙田1-5-12
定休日: 火水曜休
営業時間: 11:00〜21:00
ビールの種類: オリジナル限定ビール(発泡酒)
営業開始: 2008年7月25日
アクセス: JR東北本線、東北新幹線、日光線/宇都宮駅から徒歩15分
宇都宮駅から関東バスで4分、「塙田十文字」バス停から徒歩1分
URL: http://www.beatclub.jp/microb/
Facebook: 栃木マイクロブルワリー

製造元: 栃木マイクロブルワリー
電話番号: 028-622-1314
住所: 栃木県宇都宮市東塙田1丁目5番12号


栃木マイクロブルワリーは、栃木県宇都宮市の市街地、JR宇都宮駅から歩いて15分程度のところにあります。
小さな醸造タンクを使って、仕込み回数を増やして、様々なビール造りに挑戦し続けることで、 いろいろな風味や香り、味わいを持つ、バリエーションに富んだビール造りができることを強みとするブルワリーです。 なのでここでは、ビアスタイルには一切こだらわず、自由な発想のもとに醸造しています。
記念品や結婚式のお祝いなどに使われるマイラベルのオリジナルビールも、小ロットから受注生産しています。
また、これまで多くの醸造家の卵がここで修行して、日本全国で自家醸造に取り組んでいます。


栃木マイクロブルワリー



店内は、カウンター席がメインで、正面にはガラス越しに醸造設備が眺められます。
基本的には、ビールのみの提供となっていて、おつまみやお料理は各自持ち込みとなります。


栃木マイクロブルワリーの店内


カウンターには3つのタップ
左側に立っているのが、オーナー兼ブルワーの横須賀貞夫さんです


栃木マイクロブルワリーは、これまでのビールの概念を覆す、様々な味わいのビールを造り続けています。
定番ビールは造らずに、常にお客さんのリクエストで様々な材料から様々なアイデアを使ったビールを 50Lタンクという小ロットで醸造しています。 店内の掲示板には、「飲みたいビール」のリクエストが貼り出されており、 10票集まるとその材料で仕込むというシステムになっています。


「飲みたいビール」のリクエスト状況を掲示板で確認できます


栃木マイクロブルワリーは、副原料に栃木県産の豊富な農産物を利用し、 野菜・果物・ハーブ・スパイスなど多種多様な材料を使って製造していますから、 ビールスタイルに拘らないオンリーワンビールが次々と生まれてきます。 1回のロットで販売できる本数には限りがありますが、それだけに価値があるものばかりなのです。

知ってっけ(ブラウンエール)

サンライズ


栃木マイクロブルワリーは、受託醸造も数多く行っています。主なOEM供給先としては、
「ハッピーあすぱら」(道の駅 会津西街道 たじま/福島)、
「ゆずビール」(吉田屋酒店/栃木)、
「山椒ビール」(三本松茶屋/栃木)、
「ライトエール」(日野屋酒店/栃木)、
「ライトエール」(月井酒店/栃木)、
「温泉ビール」(リゾートショップ ブレス/栃木)
などがあります。


オーナー兼ブルワーの横須賀貞夫(よこすか さだお)さんは、栃木県宇都宮市出身 元々那須高原ビール、日光ビールに勤務した経験があり、そこでビール造りを学びました。 那須高原ビールの立ち上げに参加した際には、醸造法を学ぶために1995年にエチゴビールまで実習に行ったとのこと。
栃木県をクラフトビールで盛り上げて行きたいという意気込みを持って、日々活動しています。


宇都宮市内に姉妹店となる栃木県産醸造ビールのアンテナショップ「BLUE MAGIC」(ブルーマジック)を、
2013年7月25日にオープンしました。ここでも2014年3月からビールの自家醸造を開始しました。

ビアクルーズ管理人の一言:
2011年4月、栃木県宇都宮市にある「栃木マイクロブルワリー」を訪ねて、飲みました。
♪♪♪
ビール造りの依頼人の中には女性もいらっしゃるそうです。
その女性客は、彼氏のために特別なビールを醸造して、バレンタインデーにプレゼントしたそうです。
その男性は、幸せ者ですね。こんなエピソードが生まれるのも栃木マイクロブルワリーならではのことです。
地ビールを探して、今日も素敵な場所と出会うことができました。



 HOME >> 関東 >> 栃木マイクロブルワリー