アウトサイダー ブルーイング


ブルーパブ名: Hops and Herbs
電話番号: 055-225-2012
住所: 山梨県甲府市中央1-1-5 ミヤザワビル 2F
定休日: 無休
営業時間: 平 日: 17:00〜24:00
土日祝: 12:00〜24:00
ビールの種類: インキーパ ビッター ラガー
フランダーズ ベルジャンホワイト
ザ カウンティーズ ペールエール
バンイップ オーストラリアIPA
ドラック マンク トリペル
ザ ダーク サイド インペリアルスタウト
営業開始: 2012年2月25日
アクセス: JR中央本線、身延線/甲府駅南口から徒歩約15分
URL: http://outsiderbrewing.jp/
Facebook: OUTSIDERBREWING

製造元: アウトサイダー ブルーイング合同会社
電話番号: 055-223-2622
住所: 山梨県甲府市中央1-1-5 ミヤザワビル 1F

Outsider Brewing(アウトサイダー ブルーイング)は、山梨県甲府市へ2012年に誕生したマイクロブルワリーで、 併設パブ「Hops and Herbs」(ホップス アンド ハーブス)で、飲むことができます。
JR甲府駅から歩いて15分程度の商店街の中にアウトサイダー ブルーイングはあり、 建物の1階がブルワリーで、2階に併設パブ「Hops and Herbs」があります。 Hops and Herbsの店内は、全体的にウッド調なインテリアで、テーブル席、カウンター席、スタンド席があります。


アウトサイダー ブルーイングがある「ミヤザワビル」


アウトサイダー ブルーイング


Hops and Herbsの入口


2階へ



Hops and Herbsの店内





カウンターには6本のタップ



フランダーズ・ベルジャン・ホワイト


Hops and Herbsのフードメニューは、山梨の新鮮な地元特産物を使った料理や、 ビールの本場であるドイツやアメリカの料理などで構成されています。


シーフードサラダ


スパイシーわさびピザ

アウトサイダー ブルーイングの醸造長の丹羽 智(にわとし)さんは、岐阜県中津川市の出身で、 これまでに2社のブルワリーで醸造長を務めてきたベテラン醸造家です。
※丹羽さんは、2018年12月でアウトサイダー ブルーイングを退社しました。

丹羽さんは、後継者の育成にも力を入れており、これまでに20名以上の研修生を受け入れてきました。
研修では、1〜2ヶ月間受け入れてビール造りのイロハから教えるほか、 研修終了後も電話やメールで質問や相談に答えるなどフォローしています。

アウトサイダー ブルーイングの醸造設備は、カナダ製の仕込み設備と、 中国製の500リットルの発酵タンクが8基、熟成タンク(BBT)が6基で醸造しています。


醸造設備


ビアクルーズ管理人の一言:
2012年4月、山梨県甲府市にある「Hops and Herbs」を訪れて、 アウトサイダー ブルーイングのビールを飲みました。



 HOME >> 甲信越 >> アウトサイダー ブルーイング