霧島ビール


ブルーパブ名: 霧島ファクトリーガーデン 霧の蔵ブルワリー
電話番号: 0986-21-8111
住所: 宮崎県都城市志比田町5480番地
定休日: 無休
営業時間: 11:00〜15:00、17:00〜21:30
ビールの種類: ピルスナー (ジャーマン ピルスナー)
ペールエール (アメリカン ペールエール)
アンバー (アメリカン アンバーラガー)
スタウト (ドライスタウト)
日向夏 (フルーツスタイル発泡酒)
ブロンド [醸造終了]
ゴールデン (ボヘミアンピルスナー)[醸造終了]
醸造開始: 1998年7月
アクセス: JR日豊本線、吉都線/都城駅からタクシーで約10分
URL: http://www.kirishima-fg.jp/
Facebook: 霧の蔵ブルワリー

製造元: 霧島酒造株式会社 霧の蔵ブルワリー
電話番号: 0986-21-8111
住所: 宮崎県都城市志比田町5480番地
URL: http://www.kirishima.co.jp/brand/beer/


霧島ビールを醸造する霧島酒造は、1916年(大正5年)創業の酒造メーカーで本格芋焼酎「霧島」の蔵元です。
霧島ビールは、南九州、霧島山をのぞむ宮崎県都城市(みやこのじょうし)の志比田地区へ、 1998年に開業した霧島酒造直営の複合施設「霧島ファクトリーガーデン」の中の「霧の蔵ブルワリー」で製造・販売しています。
霧島ファクトリーガーデン内には、霧の蔵ブルワリーをはじめ、霧の蔵ベーカリー、霧の蔵ミュージアム、 霧島創業記念館、霧島グラウンドゴルフコース、霧の蔵ホール、霧島裂罅水の泉、 焼酎の醸造施設(志比田工場、見学コースのある志比田増設工場)などの施設があります。


霧島ファクトリーガーデン




霧島ビールの醸造所がある「霧の蔵ブルワリー」は、クラフトビールの醸造施設とレストラン 霧の蔵、 霧島ビールやお土産を販売するショップなどが入るブルワリーレストランです。


霧の蔵ブルワリー


霧の蔵ブルワリーの正面エントランス


霧の蔵ブルワリーの館内


霧の蔵ブルワリーの玄関を入ると、ショップになっています
ショップでは、霧島ビールや霧島酒造の焼酎、宮崎の特産品や土産物を販売しています


霧島ビールを販売するショーケース


ショップの奥に、レストランや醸造施設があります


レストラン 霧の蔵


レストラン 霧の蔵の店内





レストランのデリバリーカウンター


カウンターには、5基のビールサーバー





レストラン横のホールです


レストランの向かい側には醸造設備が設置されています


オーダーメイドしたオーストラリア製の仕込み設備です
左が糖化釜、中央がろ過槽、右が煮沸釜とワールプール


熟成室にある熟成タンク(貯蔵タンク)です
熟成タンクは14基あります
熟成室の壁を隔てた奥の部屋には、10基の発酵タンクが設置されています

霧島酒造では、1998年のビール醸造開始当初、 英国出身のブルーマスター、リチャード・リグリー氏から英国王道のビール造りの指導を受けて、 霧島ビールの醸造を開始しました。そのため、霧島ビールのブルワースタッフが、 数か月間にわたり本場イギリスに渡り、醸造法を学んできました。

霧島ビールは、原材料にイギリス産、ドイツ産の麦芽と、アメリカ産、イギリス産、ドイツ産、チェコ産のホップを使用して、 焼酎の仕込み水にも使用される霧島連山を源とし、都城盆地の地下岩盤の割れ目から湧き出す清冽な天然湧水「霧島裂罅水」(きりしまれっかすい) を仕込み水として100%使用して醸造する非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールです。
日向夏(ひゅうがなつ)は、宮崎県特産の柑橘類「日向夏」の実を丸ごと使用して醸造する発泡酒で、 ほんのりとした柑橘系の香りとフルーティーな軽めな味わいが特長です。
2017年4月15日には、ラインナップとボトルラベルがリニューアルしました。


ブロンド、 ゴールデン、 スタウト、 日向夏


ピルスナー、 ペールエール、 アンバー
2017年4月にリニューアルしたラインナップです


スタウト、 日向夏


仕込み水として使われる霧島裂罅水が取水できる施設「霧島裂罅水の泉」

ビアクルーズ管理人の一言:
霧島ビールは、2012年12月に取り寄せて初めて飲みました。2017年5月に霧の蔵ブルワリーを訪問しました。



 HOME >> 九州 >> 霧島ビール