ヨロッコビール


ブルーパブ名: "michi-kusa"タップルーム
電話番号: 046-872-5204
住所: 神奈川県逗子市桜山8-3-22 ビーチマフィン内
定休日: 月〜水曜休
営業時間: 木金曜: 11:00〜18:00
土曜日: 11:00〜22:00
日曜日: 11:00〜18:00
ビールの種類: I.P.A. (インディア ペールエール)
PALE ALE (ペールエール)
WHEAT ALE (ウィートエール)
PORTER (ポーター)
GINGER ALE (ジンジャーエール)
柚子WHEAT (ウィートエール)
W-IPA (ダブル インディア ペールエール)

Smoked Apple Ale
Vanilla Stout (スタウト)
"michi-kusa" Session Ale
American Pale Ale (アメリカン ペールエール)
American IPA (アメリカン インディア ペールエール)
W-Stout (ダブルスタウト)
Sky Walker IPA (インディア ペールエール)
Sky Walker IPAAmarillo WHEAT (ウィートエール)
Belgian IPA (ベルジャン インディア ペールエール)
Hibiscus wheat (ウィートエール)
CHILL OUT AMBER (アンバーエール)
BROWN ALE (ブラウンエール)
SAISON (セゾン)
Light Brown Ale (ブラウンエール)
Choppy Saison (セゾン)
Hop shower session IPA (セッション インディア ペールエール)
Summer wheat (アマリロ ウィートエール)
Hibiscus Saison (セゾン)
Amber Ale (アンバーエール)
Wheat IPA (セッション ウィート インディア ペールエール)
Zesty Saison (セゾン)
Smoky Brown (ブラウンエール)
Mountain Chai Porter (ポーター)
Y.P.A[Yuzu Pale Ale] (ペールエール)
Cultivator (インディア ペールエール)
Kin Kan Porter (ポーター)
Oats Pale Ale (ペールエール)
Vonkla Ale (ストロング ペールエール)
Time Out Porter (ポーター)
Hop shower Pale Ale (ペールエール)
VICE WEISS (梅のヴァイツェン)
Saison d'Isshiki (セゾン)
Laid back Saison (セゾン)
Fruit of Darkness (ダークセゾン)
Session IPA (セッション インディア ペールエール)
仏生山物語 (ペールエール)
Dubby Stout (スタウト)
MAD TAX (ダブル インディア ペールエール)
Black Saint (インペリアル ポーター)
Kinkan Blonde (ペールエール)
春雷 〜spring lightning〜 (セゾン)
Ace of Space (ダークセゾン)
Port Royal IPA (インディア ペールエール)
Pleasant Brown
Black Sword (ブラック ベルジャン インディア ペールエール)
Malty Dew (スコッチエール)
Daddy-O
Vice Weiss (セゾン)
Holiday Ale
Blowin' through Jasmine (セゾン)
Saison 亜熱帯 (セゾン)
Petite Tart Saison (セゾン)
Polestar Saison (セゾン)
Loral Saison (セゾン)
Juf (ファームハウスエール)
Yuzu Saison (セゾン)
Zen Blonde (ベルジャン ペールエール)
Cherry Maple Porter (ポーター)
Rooster Saison (セゾン)
Sakurament Nightmare (ダークウィートエール)
French Connection (セゾン)
Dubbel (ドゥベル)
Tobiuo Saison (セゾン)
Okiba Saison (セゾン)
Mistral in Zushi (セゾン)
Ele-Vator
Vonkla IPA (インディア ペールエール)
Smoked Apple Saison (セゾン)
Ocean Side Farmhouse (ファームハウスエール)
Bahia IPA (インディア ペールエール)
Creme Soda (ウィート インディア ペールエール)
Passion Wheat Island (ウィートエール)
Late summer Brown saison (セゾン)
Peninsula Saison (セゾン)
Black Rose IPA (インディア ペールエール)
Secret Seven (セゾン)
Aki Akane Saison (セゾン)
White Moon IPA (インディア ペールエール)
Barrel Saison (セゾン)
Barrel Saison 2015-2017 (セゾン)
Zen Zen Zen
Blackbird Sipping (ベルジャン ポーター)
Back Alley in Brussels
Lightning Bolt (ペールエール)
Hole in the Ice (セゾン)
Saaz Blonde (ベルジャン ゴールデンエール)
Polarish Pale (ペールエール)
Black Saint (ベルジャン ダークエール)
Liberacion Pils (ピルスナー)
Back to Back
Kin-kan Porter (ポーター)
Brown Saison (セゾン)
Citra Lager (ラガー)
Hop Breeze Saison (セゾン)
Miura Peninsula Saison (セゾン)
Hop Shower Pale Ale (ペールエール)
Laid back Saison (セゾン)
Early Summer Saison (セゾン)
Kokumai farmhouse (ライスセゾン)
Sandy Feet (ケルシュ)
Pleasant Brown and Kidden Saison (コーヒーセゾン)
SUPPA (ベジタブル セゾン)
Monzana saison (セゾン)
Barrel Aged Sour Saison (セゾン)
Fruit of Darkness
Hoppy Saison (セゾン)
Moja Moja Farmhouse Ale
Motchan's Mikan Saison (セゾン)
Amber saved my life (アンバーエール)
Moja
Pepper Cave (インペリアル ポーター)
Hoppy-vator (ベルジャン インディア ペールエール)

醸造開始: 2012年11月1日
アクセス: 京浜急行電鉄 逗子線/新逗子駅から徒歩10分
JR横須賀線/逗子駅東口から徒歩15分
URL: https://www.beachmuffin.com/

製造元:  合同会社ヨロッコビール
電話番号: 046-874-4645
住所: 神奈川県逗子市久木3-7-2 村松店舗1階
定休日: 日・月曜休
アクセス: JR横須賀線/逗子駅西口から徒歩5分
URL: http://www.yorocco-beer.com/
instagram: yorocco_beer

yorocco-beer(ヨロッコビール)は、神奈川県逗子市へ2012年に誕生したマイクロブルワリーです。
ヨロッコビールのある逗子市は、神奈川県の南東部、三浦半島の付け根に位置し、 観光地として知られる鎌倉と葉山に挟まれた相模湾に面する都市です。 湘南へと続く海岸線は観光客が多数行き交う一方、内陸側は東京や横浜のベッドタウンとして静かな住宅地が広がります。
そうした逗子で産声をあげたヨロッコビールは、 JR逗子駅西口の北西方向の通り沿いにあるブルワリーとベーカリーが一緒になった「yorocco-beer B&B」 (ヨロッコビール ビーアンドビー)で醸造していました。
※現在は、鎌倉の「岩瀬ブルワリー」へ移転したため、 「yorocco-beer B&B」は閉店しました。


yorocco-beer B&Bがある旧「村松商店」の建物
左側の扉にビール工房、右側の扉がパン屋さん


ヨロッコビールの工房の入口


yorocco-beer B&Bの店内


開業当初の醸造設備


ヨロッコビールでは、 大手ビールメーカーとは違ったクラフトビールの世界を探求して行きたいという志を持ってビール造りを始めました。 1回の仕込み量が120リットルという小規模のブルワリーです。
原材料にイギリス産、ドイツ産の麦芽とアメリカ産のホップを使用し、 地元 逗子の水を仕込み水として使用して醸造しています。 また、鎌倉や葉山の畑でホップの栽培にもチャレンジしており、既に何回か地元のホップを使って醸造しています。

ペールエール

アマリロ ウィート

チルアウト アンバー

ブラウンエール

セゾン


瓶入りのヨロッコビール


2013年12月21日には、 ヨロッコビールが飲める「"michi-kusa"タップルーム」(みちくさたっぷるーむ)をオープンしました。 "michi-kusa"タップルームは、 京急新逗子駅やJR逗子駅から海岸線に向かう途中にあるカフェ「ビーチマフィン」の店舗内にあります。


ビーチマフィン





ビーチマフィンの店内





"michi-kusa"タップルームのカウンターには、タップが5本








本日のビールメニュー


おつまみとして注文したクリスピー フライド ポテト


ヨロッコビールのオーナーでブルワーの吉瀬 明生(きちせあきお)さんは、神奈川県横浜市戸塚区の出身で、 以前は飲食店勤務をしていた方です。 吉瀬さんがビール造りを始めた経緯は、ベアードビールとの出逢いがきっかけでした。 先輩の誘いで沼津タップルーム(静岡県沼津市)を訪れた際に、 そこで初めて飲んだベアードビールに吉瀬さんは衝撃を受けました。 その頃、江ノ島のダイニングバーで働いていた吉瀬さんは、「次は一生続けられる仕事に就きたい」、 「形あるモノをつくる職人になりたい」と考えていたことから、ビール造りに興味を持つようになりました。

そうして考えた末に、ビール造りを志すことを決心した吉瀬さんは、2000年から働いていたその店を2007年に退職、 ブルワリー起業の準備を開始することにしました。 まずはいろんな醸造所を見て歩こうと思い、北は盛岡から西は岡山まで約30ヶ所ものブルワリーを周って来ました。 また、短い期間ではありましたが横浜ビール(神奈川県横浜市中区)でアルバイトをしたり、 2011年には3ヶ月ほどアメリカのオレゴン州ポートランドを訪れて、 日本とは異なるビールカルチャーを目の当たりにしたりと、ビール造りに向けて様々な活動をしていました。

それから、いよいよブルワリーを設立するための物件探しを開始し、 やっと見つかった物件が逗子市内でこんにゃくの製造・販売をしていた村松商店の空き店舗でした。 吉瀬さんは、鎌倉駅東口近くで「PARADISE ALLEY BREAD & CO.」 (パラダイス アレイ ブレッドカンパニー)というパン屋を営む知人と共同でその物件を借りることにして、 2011年12月に契約をしました。
早速 吉瀬さんは、こんにゃく工場だったスペースを醸造所として使えるように店内の改装工事を開始し、 2012年9月3日には酒類等製造免許(発泡酒)を取得。 こうして吉瀬さんは、同年11月1日に「yorocco-beer B&B」を開業し、ヨロッコビールの販売に漕ぎ付けました。

yorocco-beer(ヨロッコビール)の名の由来は、 地元に根差したブルワリーを目指すべく、"Your Local Beer"をもじってネーミングしました。 ボトルラベルのデザインは、「猪突猛進」をイメージさせるイノシシをモチーフにしています。 また、「ヨ」の字を縦2列・横3文字並べて「ヨ」が「6個」(ロッコ)で「ヨロッコ」と言ったマークも使用しています。 「yorocco-beer B&B」の「B&B」は、"Bread" & "Beer"を意味します。

2013年12月21日には、逗子市内にあるカフェ「Beach Muffin」(ビーチマフィン)の店内に、 ヨロッコビールの飲める「"michi-kusa"タップルーム」(みちくさたっぷるーむ)をオープン。 店内奥のスペースを借りて、カウンターを設置してヨロッコビールの販売を開始しました。 これは、ビーチマフィンのラリーさん・マリコさんご夫妻から、 「週末にビーチマフィンの中で、ヨロッコのタップルームをやってみないか?」とのオファーがあり、実現したものです。

また、設備の規模的限界によりビールを造りたくても思うように造れなかった吉瀬さんは、 2015年4月に生産量増強に向けて醸造設備を一新し、新たなタンクを導入して生産量を約倍にまで増やしました。
2018年7月30日には、社名を「合同会社ヨロッコビール」から「株式会社ヨロッコビール」へ変更。
それからも、さらに大型の仕込み釜を譲りたいというオファーをもらったり、周囲の知人の言葉に後押しされる形で、 吉瀬さんはさらなる設備増強が可能な広いブルワリーへの移転を考えるようになりました。 そんな折、鎌倉市内に物件を見付けることができたことから、2019年3月にブルワリーを移転する運びとなり、 同年3月29日を以って「yorocco-beer B&B」でのビールの販売を終了しました。

その後、「yorocco-beer B&B」はボトルショップとして営業継続を検討していましたが、 建物の老朽化により、2019月7月に結局退去することとなりました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2012年12月、ヨロッコビールは、神奈川県逗子市にある「yorocco-beer B&B」で購入して、 自宅で飲みました。
2014年7月、神奈川県逗子市にオープンした「"michi-kusa"タップルーム」を訪れて、ヨロッコビールを飲みました。



 HOME >> 関東 >> ヨロッコビール