うしとら


ブルーパブ名: ビアバー うしとら 壱号店
電話番号: 03-3485-9090
住所: 東京都世田谷区代田6-3-27 アゼリアハウス1F
定休日: 月曜休
営業時間: 平 日: 15:00〜23:30
土日曜: 13:00〜23:30
ビールの種類: ドライホップド・セッション・ブロンドエール
ノンアメリカン・ペールエール
いろはエクストラ・ペールエール
#001 ファースト・コンプレックス
#002 まほろばウィート
#002 Back to the BSGA
#003 セミダブル IPA (ダブル インディア ペールエール)

#003 ゆずせぞん一刻
#004 アンバーじゃないエール
#004 すこぶるドリンカブル・クリーン・ウィート
#005 3×3=九周年"Thank You"Ale
#005 わ
#006 Hey!パイナポー!
#006 がぶ飲みセッション・ペールエール (セッション ペールエール)
#007 寝起きの珈琲スタウト
#007 こぶみかん入れちゃいました
#008 これドイツんだ??エール
#008 キラ星シトラスエール
#009 マシマシの黒'15
#011 不惑のアンバー 〜闇夜の灯火〜
#012 Th(r)e(e) IPA
#013 いろはエクストラ・ペールエール・改 (ペールエール)
#014 まほろばウィート"Z"
#015 ディア・サミット
#016 ふつぅ〜のIPA (インディア ペールエール)
#017 エクストラ・セッション・エール
#018 冷やし中華始めました?
#018 シークワーサー・ドロップ
#019 澪引きのウィートIPA (ウィート インディア ペールエール)
#020 グレフル入れちゃいました ▼
#021 夏しちゃてる☆BOY
#022 赤苦
#023 帰ってきた、まほろばウィート
#024 アメペー
#025 下北Calling Session IPA
#026 モトゥエカ・フロム・五條
#027 ハーフステップ・ペールエール (ペールエール)
#028 ワン・パイント・マインド・ダブル IPA (ダブル インディア ペールエール)
#029 ヨーロピアン・ゴールデン 〜逆襲の地味ホップ〜
#030 ディア・シトラ
#031 ナイアガラ・セッション IPA (セッション インディア ペールエール)
#032 苦そうで苦くない、ちょっと苦い黒
#033 やまももの香緒里 〜From 大富農園〜
#034 セカンド・インパクト
#035 真面目なヴァイツェン (ヴァイツェン) ▼
#037 Hop Smuggler Session Ale
#038 Hop in the Hefe
#039 HOPMAN 一番豆絞り 5th Anniversary Ale
#040 TAP72
#041 Pure Street Session Ale 〜踊る阿呆に呑む阿呆〜
#042 雨読みのセゾン (セゾン) ▼
#043 Experimental IPA (インディア ペールエール)
#044 ギャラクシー・セッションIPA (セッション インディア ペールエール)
#045 サワー・オブ・ラブ 〜やまももセゾン〜 (セゾン)
#046 まほろばウィート
#047 澪引きのウィートIPA (ウィート インディア ペールエール)
#048 ガクナシセゾン (セゾン)
#049 グレフルいれちゃいました ▼
#050 セカンド・インパクト
#051 Four"R"IPA (インディア ペールエール)
#052 月読みのセゾン (セゾン) ▼
#053 ライブリー・エール
#054 モザイル・ペールエール (ペールエール)
#055 ファースト・インパクト ▼
#056 ちょっと贅沢なIPA (インディア ペールエール)
#057 トリップ・イースト・ベルゴIPA (インディア ペールエール)
#058 リラックスタイム珈琲スタウト
#059 オレンジいれちゃいました
#060 Dear Sterling
#061 なんちゃってウィット
#062 ハーフステップ・ペールエール (ペールエール)
#063 風神 ▼
#064 雷神 ▼
#065 朝焼けのインペリアルアンバーエール
#066 プチ・インパクト ▼
#067 雷神 ▼
#068 月読みのセゾン (セゾン) ▼
#068 プチ・インパクト ▼
#069 はとぽっぽエール ▼
#070 ファースト・インパクト ▼
#071 セッションはとぽっぽ
#072 マシマシの黒'16 〜春〜
#073 風神 ▼
#074 Big Thanks 10th Anniversary Lager
#076 モザイクだらけのダブルIPA (ダブル インディア ペールエール)
#078 京都事変[京都醸造コラボ]
#079 おかげさまセッションIPA (セッション インディア ペールエール)
#080 ヤバイIPA (インディア ペールエール)
#081 真面目なヴァイツェン (ヴァイツェン) ▼
#082 はとぽっぽエール
#083 THE PALE composed by KAORI MINOH
#084 サワー・オブ・ラブ 〜夏みかんゴーゼ〜
#085 風神 ▼
#087 ぶちシトラスでがんす
#088 サワー・オブ・ラブ 〜ホッピー・ゴーゼ〜
#089 Hello, Goodbye
#090 Freaky Fruits IPA
#091 ハブ・ア・ブレイク・コーヒー・ポーター
#092 雷神 ▼
#093 さらりとしたアンバー
#094 ワン・パイント・マインド・ダブルIPA (ダブル インディア ペールエール)
#095 花束いれちゃいました
#096 マシマシの黒 〜'16 夏 エクストリームコーヒー〜
#097 爽健ビター
#098 エクスペリメンタルIPA その2
#099 はとぽっぽエール ▼
#100 Lemonticが止まらない
#100 777レモン
#101 スカイロケット・セッションIPA (セッション インディア ペールエール)
#102 澪引きのウィート IPA
#103 農夫の飲み物
#104 ハーフステップ・ペールエール (ペールエール)
#105 ホップマン6 〜ピッカピ・ゴールデンエール〜
#106 爽涼セゾン
※#106 ワンパイント
#107 サワー・オブ・ラブ 〜ニライカナイの雫〜 ▼
#108 風神 ▼
#109 うっ!梅ぇ〜![by Saison]
#110 ガツンとウィート
#111 ファースト・インパクト
#112 シン・セゾン (セゾン)
#113 Virgin Trip IPA
#114 レモンましましウィット (ベルジャンセゾン)
#115 秋の始まりのダブルIPA (ダブル インディア ペールエール)
#116 夏の終わりのセッション
#117 サワー・オブ・ラブ 〜ニライカナイの雫〜
#118 桃色吐息
#119 おかえりピルス (ピルスナー)
#120 はとぽっぽエール ▼
#121 はとぽっぽラガー
#122 結果的にアンバー
#123 アゲインスト
#124 神無月の宴
#125 温故知新IPA (インディア ペールエール)
#126 今、あえてのケルシュ (ケルシュ)
#126 パイ〜ント (パイナップルエール)
#127 玉響 (フルーツ ペールエール)
#128 鋼鉄のブラック (ジャーマンスタイル シュヴァルツビール)
#130 イートハーブ (ベルジャンスタイル セゾン)
#131 ホップの道も一歩から (ベルジャンスタイル ブロンド)
#132 百花繚乱 〜下面〜
#133 百花繚乱 〜上面〜
#134 すっぱいは成功のもと
#135 ふんわりモザイク (アメリカン ペールエール)
#136 労働者IPA (インディア ペールエール)
#137 マシマシの黒 16' 〜冬〜 (バルチックポーター)
#139 米白折衷IPA (ベルジャン インディア ペールエール)

営業開始: 2014年10月10日
アクセス: 小田急電鉄 小田原線、京王電鉄 井の頭線/下北沢駅西口から徒歩1分、北口から徒歩3分
URL: http://ushitora.jp/
Facebook: ビアバー うしとら壱号店 -Beer Bar Ushitora T-

製造元: 株式会社うしとら  うしとらブルワリー
電話番号: 0285-39-7300
住所: 栃木県下野市笹原142-3
Facebook: うしとらブルワリー Ushi Tora Brewery


東京・下北沢の「ビアバー うしとら」は、 国内外の30種類にものぼる樽生クラフトビールを、 27本のタップと3台のハンドポンプで提供する有名なビアバーです。
2006年3月3日にオープンした壱号店に続き、 2009年7月7日には、同じビルの一角に弐号店をオープンしました。 そして、2016年12月12日には、壱号店が下北沢駅の反対側へ移転し、リニューアルオープンしました。 新規開店した店舗は、従来の壱号店に比べて店内がとても明るい雰囲気になりました。 また、駅前の通りに面しており、人通りも多いことから、ランチ営業にもチカラを入れており、 毎日Facebookでメニューを公開するなど、 お昼時から賑わうビアバーへと変貌を遂げました。


ビアバー うしとら 壱号店がある「アゼリアハウス」ビル


ビアバー うしとら 壱号店


ビアバー うしとら 壱号店の店内


通りに面した窓のあるテーブル席もあります


カウンターの奥には、27本のタップ
カウンターにも3基のハンドポンプ



うしとらで提供するビールの特徴のひとつに、泡がないことがあります。 炭酸ガスの処理を効率化し、泡をつくらなくても醸造所で飲むより美味しく提供したいというのがモットーです。

テストバッチ#01

パイ〜ント
 壱号店リニューアル記念

うしとらは受託醸造も行っています。OEM供給先としては、
「スニークピークIPA」(デビルクラフト神田店/東京)、
「のぞみとひろみ、ときどきまこと 〜Niagara Session IPA〜」(タルシスリッジ ブルーイングカンパニー/東京)などがあります。



うしとらのフードメニューは、ミックスナッツや旨辛味噌付きキャベツなどの"とりあえず"メニューから、 ごぼうの激辛揚げ、レンコンチーズ、ジャークチキン、ぬか漬け、ピザなどビールと良く合うメニューや、 サラダ類、トースト類、伊勢うどんといった食事メニューまで、バーとしては豊富なメニューが揃っています。
また、月に一度、3日間限定の特別メニュー「うしとら麦酒カレー」は、是非お召し上がり戴きたい美味しい一品です。


ごぼうの激辛揚げ


たこの唐揚げ


気分のピザ


水菜とカリカリベーコンサラダ


うしとら麦酒カレー


■■■  ビアバー うしとら 壱号店とは下北沢駅を挟んで反対側の三久ビル(以前、壱号店のあったビル)に、 スタンディング・スタイルの「ビアバー うしとら 弐号店」があります。 2009年7月7日にオープンしたうしとら 弐号店は、 マンガ喫茶の様に自由に閲覧できる書籍(主にコミック類)が店内に沢山並んでいます。


ビアバー うしとら 弐号店  (TEL: 03-6407-8889/月曜休/
平日: 15:00〜23:30、土日: 11:30〜23:30/
所在地: 東京都世田谷区北沢2-9-3 三久ビル2F/
アクセス: 小田急電鉄 小田原線、京王電鉄 井の頭線/下北沢駅南口から徒歩3分 )



国内外の醸造所で造られるクラフトビールをこれまで提供して来た「うしとら」が、 2012年に自家製ビールの製造に関する計画を発表して、 それから2年が経過した2014年8月27日に念願の酒類等製造免許(発泡酒)を取得しました。 ところが、東京都内にビールを造る現場を設けるのかと思いきや、そうではなく栃木県に醸造所を構えました。 うしとらブルワリーは、 元々「しもつけ麦酒」という地ビールを製造していた「しもつけ麦酒醸造所」の施設を利用して自家醸造ビールの製造を開始しました。 醸造設備はそのまま使用し、レストランだったフロアは原材料置き場として活用しています。
うしとらブルワリーの醸造技術指導は、カナダ人のLuc Bim Lafontaine(ルーク・ビム・ラフォンテーヌ)さんを招聘して行われました。 ルークさんは、カナダ・モントリオールのブルワリー「Dieu du Ciel!」(デュドシエール)の元ヘッドブルワーだった人です。
そして、2014年9月19日にその記念すべき第1号自家醸造ビールが、「けやきひろば 秋のビール祭り2014」でお披露目され、 同年10月10日からは「ビアバー うしとら」でも提供が始まりました。
その後、ルークさんは、ご自身のブルーパブの開業ため、2015年にカナダへ帰国することとなりました。
ルークさんの後任として二代目の醸造長になったのが、植竹大海さんです。 植竹大海さんは、埼玉県鶴ヶ島市の出身で、うしとらブルワリーへ移籍するまではCOEDO(協同商事/埼玉県) で醸造主任をしていました。



次に、ビアバー うしとら 壱号店の旧店舗について、振り返ってみましょう。
旧壱号店は、国内外のクラフトビールを扱うビアバーとして、2006年3月3日にオープンしました。 当時、38種類の樽生ビールを3台のハンドポンプと多数のタップで提供していました。 店内は、テーブル席とカウンター席があり、照明を落とした静かな落ち着ける雰囲気のお店でした。


ビアバー うしとらがある「三久ビル」





ビアバー うしとら 壱号店<旧店舗>


夜はこんな感じ


ビアバー うしとら 壱号店の店内











カウンター越しにはタップが並びます


カウンター上には3本のハンドポンプのハンドル


左上のタップ群


右上のタップ群

<旧店舗>ビアバー うしとら 壱号店  (TEL: 03-3485-9090/無休/17:00〜26:00/
所在地: 東京都世田谷区北沢2-9-3 三久ビル2F/
アクセス: 小田急電鉄 小田原線、京王電鉄 井の頭線/下北沢駅南口から徒歩3分 )


ビアバー うしとら 壱号店<旧店舗>は、小田急線の地下ホーム化をはじめ、下北沢駅周辺の再開発に伴い、 うしとらが入居していた三久ビルが2018年に取り壊される計画があり、それを見据えて一歩先に移転を決め、 2016年11月30日を以って一旦閉店しました。新店舗は、下北沢駅の反対側へ2016年12月12日にリニューアル オープンしました。ビアバー うしとら 弐号店は、当面三久ビルで営業を継続しています。
旧店舗のあった場所へは、元うしとら従業員だった中野貴仁さんが、「風乗りメリー」というビアバーを 2017年1月1日にオープンしました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2014年10月、東京・下北沢のビアバーうしとらが、自家醸造ビールの販売を開始したということで、 すぐに「うしとら 壱号店」を訪問して飲みました。
2016年12月、ビアバーうしとら壱号店が、下北沢駅の反対側へ移転しリニューアルオープンしたということで、 これまたすぐに訪ねてみました。



 HOME >> 関東 >> うしとら