マイスターブロイ


ブルーパブ名: [パブなし]   目黒醸造所にて試飲可
電話番号:
住所: 東京都目黒区目黒本町4-20-7 ラージヒル1階101号室
定休日: 月曜休
営業時間: 17:00〜22:00
ビールの種類: オリジナルラガー (フリースタイルラガー)
ブラックラガー (フリースタイルラガー)
醸造開始: 2015年4月1日
アクセス: 東京急行電鉄 目黒線/西小山駅から徒歩15分
東京急行電鉄 目黒線/武蔵小山駅から徒歩20分
東京急行電鉄 東横線/学芸大学駅から徒歩25分
URL:

製造元: マイスターブロイ株式会社  目黒醸造所
電話番号:
住所: 東京都目黒区目黒本町4丁目20番7号 ラージヒル1階101号室


マイスターブロイは、東京都目黒区内へ2015年4月に開業したマイクロブルワリーで、目黒区としては初の醸造所です。 場所は、東急目黒線の武蔵小山駅、西小山駅ならびに東横線の学芸大学駅を結んだ三角形の真ん中あたりにあります。 開業当初よりネットへの露出が非常に少なく、連絡先も公開されていないことから、 知る人ぞ知ると言ったブルワリーでした。 ブルワーさんとしては、地元のみなさんへ地道に販売していくところから始めて行きたいとのことのようです。


マイスターブロイがある「ラージヒル」ビル


マイスターブロイ




マイスターブラウの代表兼ブルワーの浅香 光(あさか こう)さんは、 ドイツ・ベルリンのTechnische Universitat Berlin(ベルリン工科大学)でビール醸造学を学び、 ディプロム ブラオマイスターの称号を得たビール職人です。 その後、国内の4つのクラフトビール醸造所での勤務を経て、出身地である目黒にご自身の醸造所を設立し、 2014年12月15日に酒類等製造免許(発泡酒)を取得、2015年4月1日より販売を開始しました。

浅香さんは、学術的にビールへの造詣が深く、製品の品質にはかなりのこだわりを持っています。 そのこだわりの1つに、不純物を廃することを重視している点があります。意図しない微生物の繁殖は、 ビールの味や香りを損なうため、麦汁や製品の検査を専門機関へ依頼し、微生物が検出されないことを確認しています。 また、酸化や温度管理など保存状態によっても味が損なわれる可能性はあり、そのため樽生での販売はしていません。 クラフトビールは嗜好品なので、必需品と違って完全消費までには時間を要します。 樽も開栓するとそこから劣化が始まり、最初と最後では味が変わってしまうこともあることから、 ビン詰めのみで販売しています。

マイスターブロイのビールは、本場ドイツの製法を忠実に再現し、 原材料にもドイツ産の麦芽とホップを使用して醸造する非熱処理、無ろ過の酵母が生きるビールです。
第一弾の「オリジナルラガー」は、ピルスナースタイルをベースに小麦麦芽も使用し、 ハラタウ産ホップを使って醸造したフリースタイルラガータイプのビールです。

オリジナルラガー

ブラックラガー


ボトル入りのオリジナルラガー、 ブラックラガー


ビールの他に、開発中の試作品がコレ、ビールアイスです。
味は麦芽味でした。
・・・って、どんな味?
と思われるかもしれませんが、麦芽をかじったことのある方が、 このアイスを食べれば分かります。もちろん香りもモルト風味。アイスなので、当然甘いです。 通ウケする一品です。
   ⇒ 販売は検討中とのことです。


ビールアイス


ビアクルーズ管理人の一言:
2015年9月、東京都目黒区にあるマイスターブロイ目黒醸造所というマイクロブルワリーができたと聞いて、 訪問してみました。



 HOME >> 関東 >> マイスターブロイ