15brewery


ブルーパブ名: 15brewery
電話番号:
住所: 神奈川県三浦郡葉山町堀内744-7 1F A
定休日: 不定休
営業時間: 16:00〜21:00
ビールの種類: アンバーエール
IPA (インディア ペールエール)
小麦のセゾン (セゾン)
葉山スタウト (スタウト)
オータムエール (ペールエール)
土壇場セゾン (セゾン)
営業開始: 2015年12月25日
アクセス: JR横須賀線/逗子駅、京浜急行電鉄 逗子線/新逗子駅から葉山方面行き京急バスで5分、「風早橋」バス停から徒歩3分
URL: http://15brewery.blogspot.jp/
Facebook: 15brewery(フィフティーンブルワリー)十五麦酒醸造所

製造元: フィフティーンブルワリー
電話番号:
住所: 神奈川県三浦郡葉山町堀内744番地7 ラポール葉山1階A号室

15brewery(フィフティーンブルワリー)は、神奈川県葉山町へ2015年に誕生したマイクロブルワリーです。
15breweryがある葉山町(はやままち)は、神奈川県の南東部、三浦半島の中西部に位置し、 相模湾に面したリゾート地として知られるところです。 町内には、葉山御用邸、葉山マリーナ、森戸海水浴場などの施設があり、 春から秋に掛けて首都圏からの観光客で週末には賑わいをみせるところです。 そんな葉山町初のブルワリーが15breweryです。 店内は、スタンディングバーになっていて、 純粋にここで造られる出来立てのビールを楽しむためのスペースになっています。


15breweryがある「ラポール葉山」


15brewery


夕刻はこんな感じ


15breweryの店内


通路の右手のガラス戸の中が醸造所になっています


カウンターの奥には、5本のタップ


15breweryでは、イギリス産、ドイツ産の麦芽とイギリス産、アメリカ産のホップを使用し、 地元 葉山の水を仕込み水として使用して醸造しています。

アンバーエール

IPA


15breweryのフードメニューは、 ライトなおつまみ中心で、柿の種、トルティーヤチップス、スモークチーズなどになります。 会計は、キャッシュ・オン・デリバリー方式(都度、現金払い)です。


トルティーヤチップス


ブルワーの秋山 晋司さんは、もともとはITエンジニアをしていた方で、 写真家という側面も持ったクリエイティブな醸造家です。 ブルワリーを始めたきっかけは、心打つ出来事があった訳ではなく、純粋にビールが好きだったことからとのこと。
2015年10月30日に、酒類等製造免許(発泡酒)を取得。
2015年12月25日に、15breweryをオープンし、自家醸造ビールを販売開始。
15breweryのネーミングの由来は、ブルワリーとパブの開業に至った2015年の「15」から取ったもので、 2015年は秋山さんにとって、エポックな年だったそうです。



ビアクルーズ管理人の一言:
2016年2月、神奈川県葉山町にある「15brewery」を訪れて、自家醸造ビールを飲みました。
私にとって横浜、鎌倉と並んで葉山は好きな場所の1つで、学生時代からよく訪れたところですが、 海岸に面していたこともあって、てっきり夏に賑わう場所だとばかり思っていましたが、 春には葉山が最も盛り上がるお祭りがあって、人出が増えるのもその季節だと言うことを、 ここを訪ねて初めて知りました。



 HOME >> 関東 >> 15brewery