Shinjuku Beer Brewing


ブルーパブ名: Vector Beer Factory
電話番号: 03-5315-4744
住所: 東京都新宿区新宿1-36-7 川本ビル1階
定休日: 日祝休
営業時間: 17:00〜24:00
ビールの種類: セッションIPA (セッション インディア ペールエール)
モルティペールエール (ペールエール)
アンバーエール
ジャックナイフ (ペールエール)
Mr.IPA (インディア ペールエール)
ハードパンチャー (インディア ペールエール)

ファーストサミット (セッション インディア ペールエール)
ベクターペールエール (ペールエール)
ゆうさく (ペールエール)
ジェントルマン (イングリッシュ ペールエール)
カラメルアンバー (アンバーエール)
セカンドインパクト (ウィートエール)
ねこパンチ (ウィートエール)
まどかIPA (インディア ペールエール)
Ant Ale
アンナJAPAN (フルーツエール)
サザンクロスIPA (インディア ペールエール)
スノーホワイト
55IPA (インディア ペールエール)
グレープフルーツエール (フルーツエール)
パリジェンヌ (アンバーエール)
ボスねこパンチ (ウィートエール)
飛べない鳥、メェー (インディア ペールエール)
腹黒ポーター (ポーター)
ダンディズムIPA (インディア ペールエール)
メーデー (インディア ペールエール)
ローラルセッション (セッション インディア ペールエール)
ジューンブライド (アメリカン アンバーエール)
夏、来たる (インディア ペールエール)
きまぐれサワー (サワーエール)
NABEちゃんの意気込み (インディア ペールエール)
いかにもレモン (フルーツエール)
ドライホッピングIPA (インディア ペールエール)
シトラスシャワーIPA (インディア ペールエール)
By The TOKIMUNE
メロンヴァイツェン (ヴァイツェン)
オレンジヴァイツェン (ヴァイツェン)
超すっきりホワイト
ロゼ - ベルジャンピンク - (ベルジャンホワイト)
IPA - GrapeFruit - (インディア ペールエール)
グランクリュ
やりすぎWIPA (インディア ペールエール)
新宿パイナポーIPA (インディア ペールエール)
新宿アッシュIPA (インディア ペールエール)
ウィートIPA (インディア ペールエール)
新宿タイマンゴーIPA (インディア ペールエール)
新宿銀河IPA (インディア ペールエール)
新宿アンバー
ぐれーぷふるーちゅIPA (インディア ペールエール)
The Earth
ウィートIPA〜Mosaic ver〜 (インディア ペールエール)
どらネコキック (ウィートエール)
苦すぎ注意IPA (インディア ペールエール)

醸造開始: 2016年4月10日
アクセス: 東京メトロ 丸ノ内線/新宿御苑前駅から徒歩3分
東京メトロ 丸ノ内線、副都心線、都営新宿線/新宿三丁目駅から徒歩4分
URL: http://lina-brand.com/vectorbeerfactory-shinjyuku/
Facebook: Vector Beer Factory

製造元: ライナ株式会社  Shinjuku Beer Brewing
電話番号: 03-5315-4744
住所: 東京都新宿区新宿1-36-7 川本ビル1階
URL: http://www.lifeart-navi.com/


Shinjuku Beer Brewing (新宿ビアブルーイング)は、 新宿御苑から歩いて数分のところにある肉ビストロ「Vector Beer Factory」(ベクタービアファクトリー) の店内に併設するマイクロブルワリーです。
Vector Beer Factoryは、都内で飲食店を展開するライナが手掛ける肉料理とクラフトビールの専門店で、 すぐ隣にある同系列のダイニングバー「Vector Beer」の2号店として2014年12月にオープンしました。 国内各地のブルワリーから取り寄せたIPAの品揃えが豊富で、自家製を含め、 常に17種類のクラフトビールを取り揃え、お薦めの肉料理とホッピーなビールをガッツリと楽しめるところです。


Vector Beer Factoryがある「川本ビル」


Vector Beer Factory





Vector Beer Factoryの店内


V字型のカウンター席


カウンター席の反対側にテーブル席が並びます








カウンター席の奥には、17本のタップ


タップのハンドル部に工事部材や工具が取り付けられているところにも遊び心を感じます

Shinjuku Beer Brewingは、IPAを中心にウィートエールや黒ビールなども取り混ぜながら、 あまり『定番』にこだわらずオリジナリティに富んだ様々なビールを造っています。
原材料には、オーストラリア産の麦芽とアメリカ産のホップを使用して醸造しており、 非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールを提供しています。

モルティペールエール


Vector Beer Factoryのフードメニューは、なんと言ってもボリューミーな肉料理がメインとなりますが、 その他、ミックスナッツやチーズ盛り合わせ、自家製ピクルスと言ったおつまみメニューから、 アヒージョ、揚げ物、サラダ類、魚料理、パスタ、リゾットなどのお食事メニューまで、幅広く取り揃えています。


チーズ盛り合わせ
写真左上のチーズはシメイビール(ベルギー)で漬けた一品、
右上の黒っぽいチーズはアイリッシュポーター入りだとか


ロメインレタスのシーザーサラダ (ハーフ)
大きなレタスをナイフで切りながら食べます


お肉のカルパッチョ
いちぼ肉を使った当店おすすめの一品


自家製ハム


ピザ マルゲリータ 〜温玉乗せ〜


Vector Beer Factoryは、当初より店内に醸造施設を備えたブルーパブを目的とした店舗として、 2014年12月1日にオープンしました。店名にある「Factory」は、まさにビール工場を意味しています。 そのVector Beer Factoryの醸造所が、「Shinjuku Beer Brewing」です。 Vector Beer Factoryは自家醸造に先駆けて先行オープンした後、 Shinjuku Beer Brewingの立ち上げ準備期間を経て、2016年3月11日には酒類等製造免許(発泡酒)を取得、 同年4月10日に自家製ビールの販売を開始しました。

お店のご厚意により、醸造設備を拝見させて戴きました。


Shinjuku Beer Brewingの醸造設備




Shinjuku Beer Brewingのブルワー 木水 朋也(きみずともや)さんは、化学が得意ということですが、 学生時代には、海の中に生息するホヤ(漢字で書くと「海鞘」)の研究に没頭していたそうです。 2006年に広島大学へ入学した木水さんは、院生を卒業するまでの6年間の内の後半3年間、 実に大学生活の半分をホヤの観察に継ぎ込んでいました。
2012年3月に大学院を卒業すると東京都内の酒販店に就職し営業職として勤務、 そこではお酒の営業経験を積んでいきます。 そして、自ら酒造の道へ進むべく酒販店を退職し、2014年1月に神奈川県厚木市にあるサンクトガーレンへ入社。 2015年12月までの約2年の間、ビールの醸造担当として勤務しビール造りを学びました。 同社に在籍中には、WBAなど国際的なコンペティションで受賞したこともありました。
その後、2016年2月にライナへ入社。 ShinjukuBeerBrewingの立ち上げ準備に加わり、現在はヘッドブルワーを務めています。

木水さんは、「美味しいビールが造りたい。ビールシーンが面白くなって来たから、 (クラフトビールの)間口を広げて行きたい」と抱負を語ってくれました。


ブルワーの木水 朋也さん


ビアクルーズ管理人の一言:
2016年4月、東京・新宿にある「Vector Beer Factory」で自家製ビールの提供が始まったと聞いて、早速訪れてみました。



 HOME >> 関東 >> Shinjuku Beer Brewing