風上麦酒製造


ブルーパブ名: [パブなし]
ビールの種類: 無意識の承認 (クローブのポーター)
慢性的賛歌 (ジンジャーのベルジャン トリプル)
崇高な侵略者 (ベルジャン インディア ペールエール)
月下の願い (スコッチエール)
醸造開始: 2016年7月17日
Facebook: 風上麦酒製造

製造元: 風上麦酒製造
電話番号: 080-3001-0125
住所: 神奈川県川崎市幸区南加瀬3丁目23-9 アーバニティー1階A


風上麦酒製造(かざかみばくしゅせいぞう)は、 神奈川県川崎市幸区へ2016年に開業したマイクロブルワリーです。 ビールの持つフレーバーにとことんこだわって、ハーブやスパイスで香り付けした、 他にはない風上麦酒製造ならではの1本を志して、個性的なビール造りを進めています。
東京・神奈川近郊のビアバーへ生樽で出荷を開始、徐々に取扱店も拡大しています。 ボトル入りも販売を開始し、 当面は認知度アップを目指して、取扱い店の拡大に注力しているところです。


風上麦酒製造がある「アーバニティー」ビル


風上麦酒製造


醸造所の室内


手づくり感満載の醸造設備です

風上麦酒製造の名の由来は、「ビール界の風をここから起こす!」という意気込みから名付けられました。 また、ボトルのラベルやFacebookのプロフィール写真などに、カラスの絵が使われていますが、 これは風上麦酒製造のイメージキャラクターだそうです。カラスが好きなブルワーさんによると、 カラスは街で見る機会が多いことから、「カラスを見る度に風上麦酒を思い出させてやる」という策略だとか。 そして、ビールのネーミングがこれまたとてもユニークです。かなり個性を発揮しています。その中の1つ、 「無意識の承認」が風上麦酒製造のフラグシップとなる商品です。 少し甘めのポーターへ「クローブ」というスパイスで香り付けしています。
風上麦酒製造では原材料に、アメリカ産、ドイツ産、イギリス産の麦芽と、アメリカ産、ドイツ産のホップを使用し、 地元川崎の水を調整しつつ仕込み水として使用して、きめ細かな品質にこだわって醸造しています。

無意識の承認

慢性的賛歌


風上麦酒製造の設備づくりから醸造、営業までたった一人で取り仕切るのが、 オーナー兼ブルワーの田上達史(たのうえ さとし)さんです。 田上さんは、神奈川県横浜市の出身で、大学卒業後、しばらくミュージシャン活動(ボーカル)をしていましたが、 その後は大学院で専攻した物理学の教養を活かし、予備校で物理の講師をしていました。
ビール造りを始めることになった切っ掛けは、 以前(2008年頃)とても香り豊かなシメイ青の5年熟成物に出逢って衝撃を受けて以来、 自分が欲しいフレーバーの強いビールが世の中になかったことから、 自分で造ってしまおうと考えて始めました。 そうして、2015年10月から2016年1月にかけて東京・十条の十条すいけんブルワリーでビール造りを学び、 2016年7月4日に 酒類等製造免許(発泡酒)を取得、それから仕込みを開始して、同年7月17日の販売開始に漕ぎ着けました。
ご本人曰く、「醸造の上手さは、経験よりも理論と設備」だそうです。 「これからも、個性を大切にして行きたい。沢山のビールが販売されている中で、明らかに違う1本としたい。 驚きを与えられると思うので、是非飲んで下さい」と抱負を語ってくれました。


田上達史さん


ビアクルーズ管理人の一言:
2016年7月、風上麦酒製造のビールは、狛江の「Spicarbo」(スピカルボ)というバールで飲みました。
2016年8月、神奈川県川崎市幸区にある「風上麦酒製造」を訪ねて、醸造設備を拝見させて戴きました。



 HOME >> 関東 >> 風上麦酒製造