横濱金沢ブリュワリー


ブルーパブ名: La Fusion 菜na
電話番号: 045-788-4575
住所: 神奈川県横浜市金沢区能見台通8-2
定休日: 日曜休
営業時間: 17:00〜22:30
ビールの種類: Noukendai春風エール (ペールエール)
横須賀どぶ板ブラウン (ブラウンエール)
横濱黒レンガSTOUT (スタウト)
長浜青みかんのハニーエール (ハニーエール)
シークワーサーエール (フルーツエール)
横浜産すだちエール (フルーツエール)
秋のセッションIPA (インディア ペールエール)

ベリーレッドALE (レッドエール)
Yokohama Sea Side IPA (アメリカン インディア ペールエール)
小柴レモンハニーエール (ハニーエール)
Winter Espresso
ビターチョコレート
ジンジャーハニーエール (ハニーエール)
はえぬき米ホワイト (ウィートエール)
梅のハニーエール (ハニーエール)
SummerDreamセゾン (セゾン)
横浜WILDブラウン
Admiral Coffee Porter (ポーター)
ぶどうのウィート
スペシャルビター
苺いちエール (フルーツエール)
ヘイジ―IPA (インディア ペールエール)
トロピカルIPA (インディア ペールエール)
やっちゃんトマトエール
横浜WILD BLACK
桃のハニーブラウンエール
パンプキンエール [秋季限定]
雪の華 '19 (ペールエール)
スパイシー マンゴーIPA (インディア ペールエール)
Espresso Dark (スタウト)
さくらエール
如月のなごり (ペールエール)
Spring Hop
和っぷる シールド
すだちのハニーウィート (ウィートエール)

醸造開始: 2016年8月3日
アクセス: 京浜急行電鉄 本線/能見台駅から徒歩1分
URL: http://www.g-fusion.net/
Facebook: 手造りビール工房横濱金沢ブリュワリー La Fusion 菜na

製造元: 有限会社グローバルフュージョン  横濱金沢ブリュワリー
電話番号: 045-788-4575
住所: 神奈川県横浜市金沢区能見台通8-2

横濱金沢ブリュワリーは、 神奈川県横浜市金沢区にある和食ダイニング「La Fusion 菜na」(ラフシオンナナ)の店舗内へ、 2016年に誕生したマイクロブルワリーです。 これまで料理人として経験を積んできたオーナーが、自営飲食業の新規事業として始めたビール造りです。 店舗は、京浜急行の能見台駅すぐそばという好立地にあるカウンター席中心の落ち着いたお店です。


La Fusion 菜naが入る建物


La Fusion 菜na


La Fusion 菜naの店内


カウンターには、5本のタップ





個室のお座敷席


益子焼の販売もしています

横濱金沢ブリュワリーでは、 原材料にイギリス産の麦芽とチェコ産、ニュージーランド産、イギリス産のホップを使用し、 地元 横浜の水を仕込み水として醸造しています。

Noukendai春風エール

横須賀どぶ板ブラウン


La Fusion 菜naでは、提携する生産者から直接取り寄せる無農薬野菜や新鮮な魚介類、鶏肉などの食材を使って、 化学調味料や添加物を使用しないこだわりの料理を提供しています。 そして、地元食材を積極的に使った地産地消を進めており、食物の自給率の向上も目指しています。
La Fusion 菜naの料理メニューには、 トルティーヤチップスやミックスナッツ、自家漬けピクルス、枝豆などのおつまみメニューから ソーセージ、揚げ物、生パスタなど一品料理、丼ものや焼きおにぎりといった食事メニューまで、 豊富なメニューを取り揃えています。その他、コース料理や、ランチメニューも用意しています。


旬のお刺身をたっぷり乗せた 特製のっけめし <ランチメニュー>


ランチセットについてくるサラダです


オーナーさんの創作おつまみです


横濱金沢ブリュワリーのオーナー兼ブルワーの藤井 秀人(ふじいひでと)さんは、神奈川県横浜市金沢区の出身で、 本業は地元で飲食業の経営をしており、肩書としては有限会社グローバルフュージョンの代表取締役になっています。 藤井さんは、これまで飲食業で長年に亘って料理人を経験してきており、 自ら独立してグローバルフュージョンを立ち上げてからも様々な苦労をしてきた経験豊富な方です。

グローバルフュージョンは、飲食店経営のほか、宅配弁当製造、益子焼の販売などを業容としており、 1999年2月2日の創業以来、ピーク時には6店舗の飲食店を展開していました。 現在は、2005年4月12日にオープンした「La Fusion 菜na」と、 宅配弁当の「デリバリーセントラルキッチン」が主力事業になっています。 宅配弁当は「宅配おもてなし弁当 LaFusion菜na」、「こだわり輪葉めしLaFusion桜ra」、 「仕出し割烹和食 さくら」、「横濱うなぎ さくら」というブランド名で、 横須賀市内の医療機関を中心に、神奈川県下を配達エリアとして展開しています。

藤井さんがビール造りを始めた経緯は、東京・高円寺にある高円寺麦酒工房との出逢いから始まりました。 昨今、飲食店の経営が厳しくなる中、市場競争に巻き込まれることは避けたかった一方、 生き残らなくてはならないため競争の少ない世界を模索していたところ、 高円寺麦酒工房を運営していた麦酒企画の能村さんとの出逢いから、 店舗内でのビール造りというビジネスを知りました。

それから、藤井さんは副業としてビール造りを始めようと決心し、麦酒企画へビール造りを学びに行きました。 そうして、2016年7月7日に酒類等製造免許(発泡酒)を取得。 それから初仕込みを開始して、同年8月3日に自家醸造ビールの販売を開始しました。

藤井さんに横濱金沢ブリュワリーの今後についてお尋ねすると、 「これからも、あくまで商売の中心は飲食業だが、ビール造りにも力を入れて行きたい。 今後は、ビールの種類をどんどん増やしていくことと、店舗運営や醸造の後継者の人材育成にも注力して行きたい」 と、抱負を語ってくれました。

藤井さんのご厚意で醸造設備を見せてもらいましたので、ご紹介します。


醸造設備と冷蔵庫


オーナー兼醸造責任者の藤井 秀人さん


ビアクルーズ管理人の一言:
2016年8月、神奈川県横浜市金沢区にある和食ダイニング「La Fusion 菜na」に併設の「横濱金沢ブリュワリー」を訪れて、 自家製ビールを飲みました。



 HOME >> 関東 >> 横濱金沢ブリュワリー