暁ブリュワリー


ブルーパブ名: barBAR Tokyo
電話番号: 03-3216-0581
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅地下名店街 B1F 黒塀横丁
定休日: 無休
営業時間: 11:00〜23:00
ビールの種類: オリジナルエール
醸造開始: 2017年1月19日
アクセス: JR山手線、中央線、京浜東北線、東海道本線、東海道新幹線、総武本線など/
東京駅八重州地下中央口から徒歩2分
東京メトロ 丸ノ内線/東京駅から八重洲側への自由通路経由で徒歩7分
URL: http://barbar.jp/

製造元: 株式会社太極舎  暁ブリュワリー
電話番号:
住所: 東京都世田谷区経堂2丁目13番14号 ハイツM1階
URL: https://akatsuki-brewery.com/
Facebook: 暁ブルワリー

暁(あかつき)ブルワリーは、2017年に東京都世田谷区へ誕生したマイクロブルワリーです。 暁ブルワリーで造られるビールは、 東京駅八重洲北口地下1階 黒塀横丁にある系列のビアバー「barBAR Tokyo」(バーバートウキョウ)で提供しています。 barBAR Tokyoは、厳選された国産クラフトビールを提供するスタンディングバーで、 勤め帰りに軽く一杯できる帰宅途中の癒しスポットのようなお店です。


barBAR Tokyo





barBAR Tokyoの店内





デリバリーカウンター


カウンターには、8基のタップと2台のハンドポンプ




オリジナルエール


barBAR Tokyoのフードメニューは、フィッシュ&チップス、チーズ盛合せ、ソーセージ盛合せ、アヒージョ、 コロッケなどビールとの相性の良いフード類が揃っています。


チーズ盛合せ


いぶりがっこクリームチーズ


暁ブリュワリーを運営する株式会社太極舎は、 東京都内でクラフトビール専門のビアバー「barBAR Tokyo」の経営を手掛けるデザイン会社です。 その太極舎が、新規事業としてクラフトビールの製造を手掛けるために開設したのが暁ブリュワリーです。 暁ブリュワリーは、世田谷区内の元は陶磁器の工房だった店舗を改装して醸造所とし、 2016年9月21日に酒類等製造免許(発泡酒)を取得。その後醸造を開始し、 2017年1月19日に1stバッチである「オリジナルエール」を発売しました。

「暁ブリュワリー」の命名の由来は、 「暁」(あかつき)という言葉が夜明けの陽が昇るほんの少し前のことを指していて、 やがて陽の光が空を赤く照らし始め、雲が赤く染まり朝空に優雅に舞うように形を変えていく様が、 絶えず生まれ変わる未来への可能性を感じさせることからネーミングしました。


暁ブリュワリーがある「ハイツM」


ビアクルーズ管理人の一言:
2017年1月、東京駅地下名店街 黒塀横丁にある「barBAR Tokyo」を訪れて、 暁ブリュワリーの1stバッチである「オリジナルエール」を飲みました。



 HOME >> 関東 >> 暁ブリュワリー