ならしのクラフトビール むぎのいえ


ブルーパブ名: ならしのクラフトビール むぎのいえ
電話番号: 047-429-8895
住所: 千葉県習志野市谷津4-6-33 K&Y 時遊館 1F
定休日: 火水休
営業時間: 平 日: 17:00〜21:00 L.O.
土日祝: 12:00〜14:00 L.O.、 17:00〜21:00 L.O.
ビールの種類: コトノハ (ブロンドエール)
ペールエール
谷津ブラック (ドライポーター)
ヴァイツェン
IPA (インディア ペールエール)
営業開始: 2017年6月7日
アクセス: 京成電鉄 本線/谷津駅南口から徒歩3分
URL: http://yatsunobeermuginoie.blog.fc2.com/

製造元: エルオーエル株式会社  むぎのくら谷津醸造所
電話番号: 047-429-8895
住所: 千葉県習志野市谷津4丁目6番33号 K&Y 時遊館 1階


ならしのクラフトビールむぎのいえは、千葉県習志野市、谷津(やつ)商店街の一角にある「K&Y 時遊館」の1階へ、 2017年6月にオープンしたブルーパブです。
元々、東京のブルーパブに勤務していたオーナーが独立し、 『生まれ育った土地、地域社会の役に立つ事業を』をテーマに立ち上げたアットホームなブルーパブです。


ならしのクラフトビール むぎのいえがある「K&Y 時遊館」ビル


通路の奥、正面のガラスドアがならしのクラフトビール むぎのいえのエントランスです





ならしのクラフトビール むぎのいえのエントランス


ならしのクラフトビール むぎのいえの店内


写真の右側、ガラスの中がむぎのくら谷津醸造所、その周囲がカウンター席、
右側手前にもカウンター席とボックス席があります
左側がテーブル席で、左手前が2階建て構造のロフト席
中央奥にデリバリーカウンターがあります


店内の内装はすべてオーナーさんたちの手造りなのですが、このロフト席の製作が最も手間と時間を要したとのこと


隠れ家的なロフト席からは、店内を一望できます
※ここは、靴を脱いで上がります


ロフト席の階下も、お座敷席になっています
壁にもたれながら、まったりと飲める感じがイイですね


エントランス脇には、こんな隔離されたボックス席もあります
二人っきりの時間を過ごすのにはうってつけですが、閉所恐怖症の方へはお奨めできません(笑)


店内中央のテーブル席
テーブルやチェアーもオーナーさんの手造りで、置かれている位置にもこだわりがあります


むぎのくら谷津醸造所と、醸造室を取り囲むカウンター席
ガラス越しに醸造設備を眺めながら、出来立てのビールを味わえます





ガラス窓の上には、「ビールが出来るまで」で醸造工程が説明されています


醸造設備


発酵・熟成タンクでは、今日も新しいビールが発酵中です

ならしのクラフトビール むぎのいえは、原則セルフサービスになっています。
ビールやフード類の注文は、テーブル番号札(卓番札)を持って、 デリバリーカウンター(ご注文カウンター)で注文します。 会計は、テーブル番号札で、まとめてお帰りの際に支払います。 1杯だけ引っ掛けていく時など、キャッシュ・オン・デリバリー(都度、現金払い)もOKです。
注文後は、デリバリーカウンターの後ろ側にあるセルフサービスコーナーに用意された箸や取り皿、 ナイフ・フォーク・スプーン、ウェットティッシュ(おしぼり)、紙コップ、調味料などをお好みに合わせて利用します。
その他、分からないことは、お気軽にスタッフに聞いてみて下さい。丁寧に説明してくれます。


店内奥にあるデリバリーカウンターとセルフサービスコーナー
写真中央がデリバリーカウンター、右上に販売中のビールメニュー、
右手にセルフサービスコーナー、その隣のガラス戸の中は原材料置き場になっています
中央奥の小窓の中がキッチンで、その右側を抜けるとトイレと喫煙テラスがあります


本日のビールメニュー


デリバリーカウンターの奥には、13本のタップ


デリバリーカウンターのセルフジョッキ洗浄機
これが、ビールのお替わりの時に使う優れもの!!
お替わりの際は注文の要領と同じで、空ジョッキとテーブル番号札を持ってデリバリーカウンターへ。 その時に、空ジョッキをセルフジョッキ洗浄機で軽くすすいで再利用します。セルフサービスに加え、 洗い物を節約することで多少なりとも人件費削減につなげ、ビールの低価格維持にも一役買います。 ジョッキのリユースが、なんとなくECOな感じもしますよね!!
尚、希望すれば、ジョッキの交換にも対応します。


この洗浄が、けっこう面白いです


セルフサービスコーナー


正面がキッチン、下の窓が食器返却口、左手のガラス戸の中が原材料置き場です


原材料置き場

むぎのいえのビールは、原材料にドイツ産、イギリス産の麦芽と、 アメリカ産、チェコ産、イギリス産、ドイツ産、スロベニア産などのホップを使用して、 醸造する非熱処理で無ろ過のビールです。

コトノハ

ペールエール

谷津ブラック

ヴァイツェン

IPA

むぎのいえのフードメニューは、 ミックスナッツや枝豆、チーズ&クラッカーなどの「とりあえず」メニューから、 各種サラダ、揚げ物、ご飯ものまで、むぎのいえのビールとのマッチングを考えたメニューが揃っています。


半熟卵とハムのシーザーサラダ


にんにくラー油の揚げ餃子


オーナー兼ブルワーの今井貴大(いまいたかひろ)さんは、千葉県出身。 最初に就いた職業が舞台照明の仕事で、コンサートのライブスタッフとして全国ツアーをまわっていました。 しかし、ビールメーカーに勤めたいと思い、25歳で退職。 それから、千葉県内の浦安市や松尾町などのビールメーカーをまわりましたが、 当時はどこも採用募集がありませんでした。そんな時に高円寺麦酒工房をネットで見つけて、 能村さんの元を訪ねたのが、ビール造りの道へ入るきっかけとなりました。 それから麦酒企画へ入社し、最初は高円寺麦酒工房での修行からはじまり、 荻窪ビール工房や西荻ビール工房の店長を務めました。 最初はビールメーカーに勤務したいと考えていましたが、 麦酒企画の店舗で働くうちに、お客様の顔が直接見えることに魅力を感じるようになり、 自分の店を持ちたいと考えるようになりました。 そして独立を決意し、2016年3月末に麦酒企画を退職。 出身地である千葉県に戻り、店舗探しを始めます。 そうして習志野市内、京成線谷津駅から徒歩圏内の谷津商店街の一角に建つ、 1992年築の「K&Y 時遊館」の1階部分に決まりました。 以前も飲食店だった物件で、床・壁・天井などの遺物の解体から始まり、 排水管の取り回しといった床下の工事、電気配線や空調など天井裏の工事、 床板・壁・天井板などの内装の造作まで、ほとんどを手作業で進めました。 それから酒造免許を申請、2017年3月23日に酒類等製造免許(発泡酒)を取得し、仕込みを開始。 遂に、2017年6月7日のグランドオープンに漕ぎ着けました。


オーナー兼ブルワーの今井貴大さん


ビアクルーズ管理人の一言:
2017年6月、ならしのクラフトビールむぎのいえが、オープンしたと聞いて、早速訪ねてみました。
今井さんのお客様に対するおもてなしの姿勢と、あの笑顔は今も健在でした。



 HOME >> 関東 >> ならしのクラフトビール むぎのいえ