Catch the Beer


ブルーパブ名: Catch the Beer 小瀬田醸造所併設のテイスティングスペース
電話番号: 0997-43-5870
住所: 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田9-5
定休日: 不定休
営業時間: 不定営業 (Facebookで確認要)
ビールの種類: YAKUSHIMA CEDAR [ヤクシマ シダー](ベルジャン アンバーエール)
YAKUSHIMA TANKAN [ヤクシマ タンカン](セゾン)
TANKAN Pale Ale (アメリカン ペールエール)
Pale Ale (ペールエール)
Saison (セゾン)
Passion Session IPA (セッション インディア ペールエール)[季節限定]
サワーポメロIPA (インディア ペールエール)
醸造開始: 2017年10月10日
アクセス: 屋久島空港から種子島・屋久島交通のバスで5分、「小瀬田」バス停から徒歩
宮之浦港フェリーターミナルから種子島・屋久島交通のバスで約18分、「小瀬田」バス停から徒歩
URL: http://www.catchthebeer.com/
Facebook: Catch the Beer

製造元: Catch the Beer  小瀬田醸造所
電話番号: 0997-43-5870
住所: 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田9番地5


Catch the Beer(キャッチ ザ ビール)は、 鹿児島県の屋久島(やくしま)へ2017年に誕生した小瀬田醸造所で製造・販売しているビールです。
屋久島は、鹿児島県の大隅半島佐多岬(本土最南端)から南南西へ約60kmのところに位置し、 種子島や口永良部島(くちのえらぶじま)、馬毛島(まげしま)などと同じ大隅諸島(おおすみしょとう)に属する島です。 周囲が130kmと県内では奄美大島に次いで広い面積を有し、 島の90%が森林という美しい豊かな自然が残されている島です。 屋久島は、樹齢1000年を超える屋久杉(やくすぎ)の自生地として知られており、 1993年12月11日には島の面積の約21%がユネスコの世界遺産に登録されました。
こうした屋久島で生まれたCatch the Beerを醸造する小瀬田醸造所は、屋久島空港に近い小瀬田という集落にあります。


小瀬田醸造所
※出典は、Catch the BeerのFacebook


併設のテイスティングスペースには、5本のタップ
※出典は、Catch the BeerのFacebook


テイスティングスペースで提供されるおつまみ類
※出典は、Catch the BeerのFacebook


Catch the Beerは、原材料にイギリス産、ドイツ産の麦芽とアメリカ産、イギリス産、ニュージーランド産、 ドイツ産のホップを使用して醸造する非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールです。
YAKUSHIMA CEDARは、Catch the Beerの第1弾で、ベルジャン酵母を使用、 醸造過程で杉のチップを漬け込んだことで、 杉のほのかな香りが楽しめるアルコール度数高めのアンバーエールスタイルのビールです。
YAKUSHIMA TANKANは、屋久島産タンカンを使ったセゾンスタイルのビールです。 タンカンは、みかんの一種でポンカンとネーブルオレンジの交配種のひとつです。
TANKAN Pale Aleは、屋久島産タンカンを使ったアメリカンペールエールスタイルのビールです。
Pale Aleは、自家製のコリアンダーシードをスパイスとして使ったペールエールスタイルのビールです。
Saisonは、自家製のコリアンダーシードをスパイスとして使ったセゾンスタイルのビールです。
Passion Session IPAは、屋久島産パッションフルーツを使ったIPAです。
サワーポメロIPAは、屋久島産サワーポメロを使ったアルコール度数高めのIPAです。


YAKUSHIMA CEDAR、 YAKUSHIMA TANKAN


Saison 、Passion Session IPA


オーナー兼ブルワーとして小瀬田醸造所を運営するのは、江川 竜彦(えがわたつひこ)さんです。
小瀬田醸造所は、1バッチが100リットルほどのマイクロブルワリーです。 2017年7月5日に、酒類等製造免許(発泡酒)を取得。 同年8月下旬頃よりCatch the Beerの第1弾となる「YAKUSHIMA CEDAR」(屋久島杉アンバーエール)の初仕込みを開始。 そうして、同年10月10日に、4種類のボトル入りビールの販売を開始しました。 また、同年10月15日には、小瀬田醸造所併設のテイスティングスペースをプレオープンしました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2017年10月、Catch the Beerは、鹿児島県屋久島町の小瀬田醸造所から取り寄せて、自宅で飲みました。



 HOME >> 九州 >> Catch the Beer