SHIKI BEER


ブルーパブ名: SHIKI BEER
電話番号: 050-1332-2457
住所: 埼玉県志木市上宗岡4-6-27
定休日: 日〜木休  (金土曜のみ営業)
営業時間: 16:00〜20:00
ビールの種類: IPA (ベルジャン インディア ペールエール)[初回限定販売]
SAISON (セゾン)
ABBEY DOUBLE
BLACK SAISON (セゾン)
BELGIAN BLOND (ベルジャン ブロンドエール)
BROWN ALE (ブラウンエール)
PALE STRONG ALE (ストロングエール)
DARK STRONG ALE (ストロングエール)
醸造開始: 2018年3月2日
アクセス: 東武鉄道 東上本線/志木駅東口から国際興業バス[志05:志木駅-宗岡循環]で16分、「上宗岡二丁目」バス停から徒歩1分
URL: http://shikibeer.jp/shikibeer/
Facebook: SHIKI BEER

製造元: 株式会社Y.craft
電話番号: 050-1332-2457
住所: 埼玉県志木市上宗岡4丁目6番27号 志木ハイデンス1階 133号室


SHIKI BEER(しきびーる)は、埼玉県志木市へ2018年に誕生したブルーパブです。
ベルジャン酵母由来の香り、モルトの香ばしさを大切に手間暇掛けてつくり出されるビールからは、 つくり手の想いが伝わって来ます。 何もかもが手作りという『CRAFT』な世界を味わって戴きたいブルワリーです。
当面は、フード類の提供はありませんので、ビールのみの提供となります。


SHIKI BEERがある「志木ハイデンス」


SHIKI BEER


SHIKI BEERの店内


ビールが飲めるファクトリーカフェ




SHIKI BEERは、原材料にドイツ産、イギリス産の麦芽とイギリス産、チェコ産、 ドイツ産のホップを使用して醸造する非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールです。
SHIKI BEERには、自家製の甘夏の皮から作られるオレンジピールを使用しています。

ベルジャンIPA

セゾン

SHIKI BEERのオーナー兼ブルワーの矢野 利治(やのとしはる)さんは、広島県広島市の出身で、 インテリア デザインを得意とするデザイナーで、住宅や店舗の設計を請け負う建築設計事務所を経営してきました。
矢野さんは、元々モノづくりが好きで、衣食住の内、 衣類以外は料理から住宅まで大抵のモノは自分で造ってしまうという造ることをライフワークにしている方です。

そんな矢野さんがビール造りを始めた経緯は、元々ビールが好きだったこともありますが、 30年前に東京・馬込にあったビアハウスでシメイを飲んで、クラフトビールの存在を知ったことから始まります。
それから月日は流れ、2015年にビール事業の立ち上げを決心し、本格的に準備を開始します。 現在のブルーパブ店舗を2017年5月に契約しました。 ちなみに、矢野さんは宅地建物取引主任者の資格も取得しており、物件探しも不動産屋に頼らず、 ご自身で検索して見つけたとのこと。恐るべき自前主義です。
それから店舗内の改装工事を開始。もちろん、ほとんどはご自身のDIYで造っていきました。 ビール造りは、島根県の石見麦酒で研修を受けました。 そして、2018年1月11日に酒類等製造免許(発泡酒)を取得。 同年1月31日より初仕込みを開始し、同年3月2日に工場併設のファクトリーカフェをオープンし、 合わせて自家醸造のビールの販売を開始しました。

今後について矢野さんへお聴きすると、アメリカンホップを多用するようなIPAはあまりやる気はなくて、 酵母由来のセゾンやストロングエールなどを中心につくって行きたいと語っていました。

矢野さんのご厚意で工場を見せて戴きましたので、ご紹介します。


工場エリア


ビールのサービングスペース


壁際には、タップが5本


仕込み釜
右側がホットリカー、 中央が糖化釜(マッシュタン)、 (ケグの陰ですが)左側が煮沸釜(ケトル)


200リットルの発酵タンクが3基


冷蔵庫のドア


冷蔵庫内には、200リットルの貯酒タンクが3基と熟成中のケグ


原材料置き場


お手製の麦芽の粉砕機(ミル)


オーナー兼ブルワーの矢野 利治さん


ビアクルーズ管理人の一言:
2018年3月、埼玉県志木市にあるSHIKI BEERを訪れて、ファクトリーカフェで自家製ビールを飲みました。



 HOME >> 関東 >> SHIKI BEER