広島北ビール


ブルーパブ名: 広島北ビール 亀山醸造所 試飲スペース(開所予定、 要予約)
電話番号: 082-557-4398
住所: 広島県広島市安佐北区亀山9丁目1-4
定休日: 日祝休
営業時間: 9:00〜17:00
ビールの種類: 甘夏エール (フルーツエール)
柚子エール (フルーツエール)
広島オイスタースタウト (スタウト)
広島シトラスIPA (インディア ペールエール)
安佐北シャルドネヴァイツェン2018 (ヴァイツェン)
梨エール (ウィートエール)
ピオーネヴァイツェン (ヴァイツェン)
柚子IPA (インディア ペールエール)
醸造開始: 2018年5月19日
アクセス: JR可部線/あき亀山駅から徒歩約50分
JR可部線/可部駅からタクシーで10分
Facebook: 広島北ビール株式会社

製造元: 広島北ビール株式会社  亀山醸造所
電話番号: 082-557-4398
住所: 広島県広島市安佐北区亀山九丁目1番4号

広島北ビール(ひろしまきたびーる)は、広島県広島市安佐北区(あさきたく)へ2018年に誕生したビールメーカーで、 地元 安佐北区出身のオーナーご夫婦が、 広島県産の特産品を使ったクラフトビールを届けたいという思いから生まれたビールです。
広島北ビールの亀山醸造所(かめやまじょうぞうしょ)は、 広島市街地の中心部からクルマで北へ40分くらいのところにあり、 緑の生い茂った山を背景に田園風景が広がる通り沿いに建っています。
広島北ビールの購入は、広島市内の飲食店や酒販店などで販売しているほか、 直接広島北ビールから購入することもできます。 また近々、JR可部駅近くに直営パブのオープンを計画しています。

広島北ビールは、原材料にイギリス産、カナダ産、ドイツ産の麦芽とアメリカ産、イギリス産のホップを使用し、 亀山醸造所の敷地内の地下水を井戸から汲み上げて仕込み水として使用して醸造しています。
副原料には、柚子や甘夏、牡蠣など広島県産の素材にこだわりを持って使っています。


柚子エール、 広島オイスタースタウト、 甘夏エール

<<< 以下、ラベル コレクションです >>>
甘夏エール

柚子エール

広島オイスタースタウト

広島シトラスIPA

安佐北シャルドネ
ヴァイツェン2018
梨エール

ピオーネヴァイツェン

広島北ビールの代表取締役 平本 祐也(ひらもとゆうや)さんは、広島県広島市安佐北区の出身で、 環境測定や分析の仕事を生業とする傍ら、地元でビールメーカーを立ち上げた醸造家です。
大学時代は愛知県に移り住んでいましたが、2007年に再び広島へ戻ってきた後、 環境測定や分析を手掛ける会社へ入社しました。 2009年には、妻の陽子(ようこ)さんと結婚します。 陽子さんも広島県広島市安佐北区の出身ですが、特に幼馴染という訳ではなかったようです。

平本さんがビール造りを考え始めたのは、2016年のことでした。
2014年にそれまで勤務していた会社を退職し、 独立して同じ仕事を個人事業主として続けていくことにした平本さんですが、 その一方で何かモノづくりをしたいという思いもありました。
以前、米国のSTONE(ストーン)を飲んでからクラフトビールの愛好家となった平本さんは、 その当時、広島市内にクラフトビールのブルワリーが1軒もなかったことから、 広島の特産品を使ったビール造りを始めようと考えました。

2017年に入ると醸造所立ち上げに向けて本格的に動き出します。まずは醸造所の場所探しからですが、 平本さんの親戚が住んでいたという古民家の1階部分を改修して醸造所にすることにしました。 同年5月1日に広島北ビール株式会社を設立し、 早速5月から島根県江津市にある石見麦酒へ通いながらビール造りを学び始めました。 2018年3月6日に酒類等製造免許(発泡酒)を取得。 こうして、同年5月19日に、自家醸造のビールの販売開始に漕ぎ着けました。

平本さんに今後の広島北ビールについてお尋ねすると、 「まずは、定番ビールを4種類程度ラインナップして行きたい。 具体的には、ヴァイツェン、IPA、ゴールデンエール、そしてセゾンもしくはスタウトで。 また、フルーツビールのラインナップも増やして行きたい。 冬は、八朔や清見オレンジなども使って行きたい。」と語ってくれました。
トレードマークについては、 平本さんが野球好きなことから、亀山の「亀」がビールを片手に野球帽を被っている図柄なのだそうです。

平本さんのご厚意により醸造所を見せて戴きましたので、ご紹介します。


広島北ビール


この看板が目印


この民家の1階部分が広島北ビールの亀山醸造所です


亀山醸造所の入口


亀山醸造所の室内


仕込み設備
左側が煮沸釜(ケトル)兼ワールプール、 右側が糖化釜(マッシュタン)兼ロイター
1バッチ(1回の生産量)が、150リットルです


200リットルの発酵タンク×2基のうちの1基


160リットルの貯酒タンク×2基のうちの1基


プレハブ冷蔵庫


冷蔵庫内には出荷を待つケグとボトルビールが貯蔵されています


亀山醸造所に隣接した試飲スペースに設置された3本のタップ


広島北ビールの平本 祐也さん、陽子さんご夫妻


ビアクルーズ管理人の一言:
2018年6月、広島北ビールは、広島県広島市安佐北区にある「広島北ビール」からクール便で取り寄せて、 自宅で飲みました。
2018年11月、広島北ビールの亀山醸造所を訪れました。



 HOME >> 中国 >> 広島北ビール