Fat Barley Brewing


ブルーパブ名: ASH FORD BRITISH PUB
電話番号: 042-579-1320
住所: 東京都羽村市小作台1-11-6 NTKビル106
定休日: 無休
営業時間: 18:00〜27:00
ビールの種類: Little more than pale ale (アメリカン ペールエール)
Session ale
Weizen (ヴァイツェン)
Equator IPA[イクエイター アイピーエー] (インディア ペールエール)
Koryanandar Peach[こりゃなんだ〜ピーチ] (ホワイト ピーチエール)
Stay Gold (ゴールデンエール)
White Ale (ホワイトエール)
Muddy hop juice (ニューイングランド インディア ペールエール)
Session IPA (セッション インディア ペールエール)
Worke (ヴァイツェン)
Porter (ポーター)[季節限定]
Wolke 冬version (ヴァイツェン ボック)
醸造開始: 2018年4月15日
アクセス: JR青梅線/小作駅から徒歩3分
URL: http://ashford-britishpub.com/
Facebook: Ashford British Pub

製造元: 株式会社Fat Barley
電話番号:
住所: 東京都羽村市富士見平1丁目13番地19 FGビル101号
Facebook: Fat Barley Brewing

Fat Barley Brewing(ファットバーレイ ブルーイング)は、東京都羽村市へ2018年に誕生したマイクロブルワリーで、 2014年に開業したブリティッシュパブ「ASH FORD BRITISH PUB」(アッシュフォード ブリティッシュパブ) のオーナーが店舗で提供するために始めた自家醸造ビールです。
このASH FORD BRITISH PUBは、本場英国のパブを思わせる雰囲気のお店で、 自家醸造を含め国内外の9種類の樽生クラフトビールと海外から輸入したボトルのクラフトビールをはじめ、 豊富な種類のカクテル、各種ウイスキー、各種ワインが楽しめる本格的なブリティッシュパブです。


ASH FORD BRITISH PUBのある「NTKビル」


ASH FORD BRITISH PUB


夜はこんな感じ


ASH FORD BRITISH PUBの店内








店内正面のカウンター席


カウンターの奥には8本のタップ




Fat Barley Brewingの自家醸造ビールをご紹介します。

Little more than pale ale

Equator IPA

Koryanandar Peach

Stay Gold

White Ale


ASH FORD BRITISH PUBのフードメニューは、肉料理を中心に、 自家製ピクルス、生ハムスライス、チーズ盛り合わせ、ソーセージ盛り合わせ、枝豆のペペロンチーノ、 トルティーヤチップス サルサディンプ、ナチョス、フィッシュアンドチップス、チキンアンドチップス、 各種ピザ、タコライス、各種サラダ類などビールとの相性の良いフードメニューを取り揃えています。
特にお薦めの肉料理は、自家製ローストビーフと熟成肉メニューで、 世界各地から取り寄せた熟成肉を計り売り形式にて鉄板ステーキで味わえます。


チーズの盛り合わせ


トルティーヤチップス サルサディンプ



ビアクルーズ管理人の一言:
2018年7月、Fat Barley Brewingのビールは、東京都羽村市にある「ASH FORD」を訪れて飲みました。



 HOME >> 関東 >> Fat Barley Brewing