WEST COAST BREWING


ブルーパブ名: WEST COAST BREWINGタップルーム
電話番号: 054-204-1747
住所: 静岡県静岡市駿河区用宗2-18-1 用宗みなと温泉内
定休日: 月曜休
営業時間: 平 日: 11:00〜18:00
土日曜: 11:00〜20:00
ビールの種類: Starwatcher[スターウォッチャー] (インディア ペールエール)
Never Enough Bass[ネバー イナフ ベース] (ヘイジー ペールエール)
Breakwater[ブレイクウォーター] (アンバー インディア ペールエール)
No Clouds, No Problem[ノークラウズ ノープロブレム] (イタリアン ピルスナー)
Full Hop Alchemist v.1[フル ホップ アルケミスト] (DDH ダブル インディア ペールエール)
Super Sunrise[スーパーサンライズ] (ヘイジー トリペル インディア ペールエール)
Orange Nation[オレンジ ネーション] (インディア ペールエール)
Full Hop Alchemist v.2 (ヘイジー ダブル インディア ペールエール)
Hop & Escape[ホップ&エスケープ] (ホッピー ピルスナー)
Scrolls Only[スクロールズ オンリー] (ペールエール)
Now You See Me[ナウ ユー シー ミー] (ヘイジー インディア ペールエール)
Fruit Monster[フルーツ モンスター] (ダブル インディア ペールエール)
醸造開始: 2019年7月5日
アクセス: JR東海道本線/用宗駅から徒歩11分
JR東海道本線、東海道新幹線/静岡駅からバスで
用宗線[93] 駒形通、老人福祉センター経由、用宗行き 「用宗港」バス停から徒歩4分
用宗線[93] 駒形通経由、用宗行き 「用宗駅」バス停から徒歩11分(「用宗港」バス停は経由しません)
URL: https://minato-onsen.jp/facilities/
Facebook: West Coast Brewing

製造元: 株式会社WESTCOAST
電話番号: 054-256-4126
住所: 静岡県静岡市駿河区用宗二丁目18番1号

WEST COAST BREWING(ウエストコースト ブルーイング)は、 静岡県静岡市駿河区の用宗(もちむね)漁港へ2019年に誕生したブルーパブです。
静岡市駿河区の沿岸部 用宗地区の再開発によって、 以前マグロの加工場として使われていた建物をリノベーションしてできた新たな観光施設が日帰り温泉「用宗みなと温泉」で、 同施設内にはお食事処「アオサギ食堂」、お土産物ショップ「ワックワック売店」、 そしてクラフトビール工場とビアバーの「WEST COAST BREWING」が併設されています。
WEST COAST BREWINGは、ホッピーなラインナップが中心で、 自家醸造のビールをメインに最大16種類の樽生ビールを楽しめます。 尚、フード類は扱っておらず、その代わりに持ち込み自由となっているため、 来店の際には事前にお好みのおつまみを仕入れていくことをお薦めします。


WEST COAST BREWINGがある用宗漁港の「用宗みなと温泉」


左側がWEST COAST BREWING、右側が用宗みなと温泉の入口


WEST COAST BREWING





WEST COAST BREWINGタップルームの店内





ガラス扉の奥が醸造所です


デリバリーカウンター





ビールメニュー


カウンターの奥には、16本のタップ




WEST COAST BREWINGでは、 原材料にイギリス産、ドイツ産、カナダ産の麦芽とアメリカ産、オーストラリア産、ニュージーランド産、ドイツ産のホップを使用し、 地元 静岡の水を仕込み水として使用して醸造しています。

Breakwater

No Clouds, No Problem

Super Sunrise

Orange Nation

Full Hop Alchemist v.2

Hop & Escape

Scrolls Only

Now You See Me

WEST COAST BREWINGでは、フードメニューは取り扱っておりません。
その代わりに、おつまみお食事持ち込み自由です。
隣のお土産物ショップ「ワックワック売店」でも、おつまみをある程度販売しています。



WEST COAST BREWINGのある「用宗みなと温泉」は、2018年の暮れにオープンした日帰り温泉施設です。
冒頭でもご紹介しましたが、ここは元々マグロ加工場だったところで、 国際的なマグロの漁獲規制の厳格化の波を背景に2005年頃に業者が撤退して以降、 10年以上活用されてこなかった建物で、用宗地区の再開発の一環としてリノベーションされ、 日帰り温泉や食事処、売店、クラフトビール工房を擁する観光施設として利活用することになりました。 再開発を担当したのは、用宗地区の観光開発に取り組む株式会社CSA不動産が企画を立案し、 その子会社である株式会社 CSA travel(シーエスエートラベル)が運営を担っています。 こうして、2018年4月中旬から温泉採掘作業が開始され、同年12月22日に「用宗みなと温泉」がオープンしました。

WEST COAST BREWINGを運営する株式会社WESTCOAST(ウエストコースト)の代表 Derrek Buston(デレック バストン)さんは、 静岡市内でビアパブ「12-twelve」(トゥウェルブ)を経営する飲食店オーナーです。 その「12-twelve」は、2017年12月12日に開業した米国クラフトビールを扱うビアパブで、 IPAにこだわったラインナップのお店(IPA専門店)です。 デレックさんは、同じ静岡市内でクラフトビールの醸造がしたいと考えて、 WEST COAST BREWINGの立ち上げ準備を進め、 自家醸造に先駆けて 2019年2月23日に「WEST COAST BREWINGタップルーム」をオープンしました。 その後、同年5月30日に酒類等製造免許(ビール、発泡酒)を取得。同年6月10日に初仕込みを迎え、 同年7月5日には自家醸造ビールの販売に漕ぎ付けました。

WEST COAST BREWINGは、 醸造長の丹羽 智(にわ とし)さん、 フランス人ブルワーのMell Cedric(メル セドリック)さん、 アメリカ人ブルワーのScholler Grant(ショラ グラント)さんの3名体制で醸造を進めています。

丹羽さんは、岐阜県中津川市の出身で、 これまでに3社のブルワリーで醸造長を務めてきたその道20年以上のベテラン醸造家です。
丹羽さんは、 地元 岐阜県中津川市内の石材メーカー「株式会社岩本」へ1989年に入社し、 当初は石材の加工や輸入を担当していました。 その岩本が経営していた石のテーマパーク「博石館」(はくせきかん)で、 地ビール造りを始めるという計画が突如持ち上がり、丹羽さんが担当することになりました。 そうして、1996年に三重県の「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」にあるモクモクブルワリーで、 3ヶ月間の研修を受けてきて、1997年4月より博石館ブルワリーで「博石館ビール」の製造を開始しました。 そして、13年間博石館ブルワリーに従事した後、2009年10月に退職。 2009年11月からは、岩手県一関市の「いわて蔵ビール」でお馴染み世嬉の一酒造株式会社へ移りました。 世嬉の一酒造には2年弱勤務して、2011年9月に退職。

その後、2011年10月に山梨県甲府市へ移り、 Outsider Brewing(アウトサイダーブルーイング)の醸造準備から参画しました。 そして、2012年2月25日に併設ブルーパブ「Hops and Herbs」(ホップス アンド ハーブス)がオープンするのに合わせて、 アウトサイダーブルーイングで造るビールの販売を開始。 ここでは、ビール造りのかたわら、研修生を受け入れて新進ブルワーの育成にも力を入れていて、 ここから巣立って行ったブルワーは20名以上にものぼりました。 そのアウトサイダーブルーイングで6年半勤務した後、 2018年12月末に退職し、WEST COAST BREWINGへ来ました。

2人目のブルワー Mell Cedric(メル セドリック)さんは、 フランスの西部、ブルターニュ地方のBrest(ブレスト)市の出身で、 来日して13年目を迎え、クラフトビールに興味があってこの道に入りました。

3人目のブルワー Scholler Grant(ショラ グラント)さんは、米国カリフォルニア州のロサンゼルス出身で、 2019年5月下旬からWEST COAST BREWINGで醸造に加わりました。

WEST COAST BREWINGの醸造設備を見せてもらいましたので、ご紹介します。


醸造設備 (米国カルフォルニア州のPremier Stainless Systems社製)


仕込み設備
左側が糖化槽(マッシュタン)兼ろ過槽(ロイター)、 右側が煮沸槽(ケトル)兼ワールプール
仕込み設備のさらに左側にあるのが貯湯タンク(ホットリカー)


貯湯タンク(ホットリカー)


発酵タンク × 6基のうちの4基、左手前の1基が2,400リットルタンクで、その右の3基が1,200リットル


発酵タンク × 6基のうちの残りの2基、 2,400リットルタンク


左側が2,400リットルの熟成タンク(BBT) × 2基、 右側が1,200リットルの熟成タンク(BBT) × 2基


丹羽 智さん


メル セドリックさん


ビアクルーズ管理人の一言:
2019年9月、静岡県静岡市駿河区にある「WEST COAST BREWING」を訪れて、 自家醸造ビールを飲みました。



 HOME >> 中部 >> WEST COAST BREWING