尾道ブルワリー


ブルーパブ名: 尾道ブルワリー
電話番号: 0848-38-2710
住所: 広島県尾道市久保1-2-24
定休日: 月〜木休 (金土日祝営業)
営業時間: 13:00〜19:00
ビールの種類: 尾道エール (ペールエール)
しまなみゴールデンエール (ゴールデンエール)
ましろコーヒースタウト (ポーター)
尾道IPA (インディア ペールエール)
しろねこヴァイツェン (ヴァイツェン)
春の尾道エール (ゴールデンエール)
因島ホワイトエール (ホワイトエール)
営業開始: 2021年2月27日
アクセス: JR山陽本線/尾道駅から徒歩15分
URL: https://onomichibeer.com/
Facebook: 尾道ブルワリー
Online Shop: https://onomichibrewery.stores.jp/

製造元: 尾道ビール株式会社  尾道ブルワリー
電話番号: 0848-38-2710
住所: 広島県尾道市久保一丁目2番24号

尾道ブルワリーは、広島県尾道市へ2021年に誕生したマイクロブルワリーです。
尾道ブルワリーのある尾道市(おのみちし)は、広島県の南東部に位置する瀬戸内海に面した都市で、 瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)の玄関口や、尾道ラーメン、千光寺公園などのキーワードが広く知られており、 「坂の街」、「文学の街」、「映画の街」として全国的に有名なところです。 海と山に挟まれた地形から坂道や階段が非常に多いことから「坂の街」と呼ばれており、 「文学の街」としては林芙美子や志賀直哉のゆかりの地になっています。 「映画の街」としては大林宣彦監督の出身地で、 地元をロケ地とした『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』が尾道三部作として知られており、 最近ではアニメファンの間から五大聖地の一つとして人気となっています。 このような尾道市内で、1894年築の古蔵をリノベーションして醸造を開始したのが尾道ブルワリーです。

尾道ブルワリーでは、原材料にカナダ産、イギリス産、ドイツ産の麦芽とアメリカ産、ベルギー産、ドイツ産のホップを使用し、 地元 尾道の水を仕込み水として使用して醸造しています。

尾道エール

しまなみ
ゴールデンエール

春の尾道エール


尾道ブルワリーのこれまでのあゆみは、以下の通りです。
2020年6月16日尾道ビール株式会社を設立
2020年11月5日醸造設備を搬入
2021年1月1日酒類等製造免許(発泡酒)を取得
2021年1月8日初仕込み
2021年2月27日尾道ブルワリーをオープン、自家醸造ビールを販売開始


ビアクルーズ管理人の一言:
2021年5月、広島県尾道市にある「尾道ブルワリー」のオンラインショップで購入して、自宅で飲みました。



 HOME >> 中国 >> 尾道ブルワリー