モクモクビール


ブルーパブ名: 伊賀の里 モクモク手づくりファーム
電話番号: 0595-43-0909
住所: 三重県伊賀市西湯舟3609
定休日: 不定休
営業時間: 10:00〜16:30
ビールの種類: 伊賀山麓ピルスナー (ボヘミアン ピルスナー)[醸造終了]
ヴァイツェン (ヴァイツェン)[醸造終了]
スモークエール (スモークエール)
アンバーエール (アンバーエール)
ゴールデンピルスナー (ピルスナー)
春うらら (ライトアメリカン ウィートエール)
バーレーワイン酵母ビール (バーレーワイン)
セブンホップラガー (アメリカン アンバーラガー)

ペールエール (ペールエール)[季節限定]
おつかれSummer Ale [季節限定]
ビスケットヴァイツェン (ヴァイツェン)[季節限定]
レッド・ラガー (ウィンナーラガー)[季節限定]
夏涼みエール[季節限定]
さちのかスパークリングエール (フルーツエール)[季節限定]
農場ブルーベリー (フルーツエール)[季節限定]
月夜の黒エール (黒エール)[季節限定]
マイヤーレモン (フルーツエール)[季節限定]
夏のピルスナー (ピルスナー)[夏季限定]
春のピルスナー (ジャーマンスタイル ピルスナー)[春季限定]
モクモク農場ベリーベリースパークリング (フルーツエール)[春季限定]

醸造開始: 1995年7月7日
アクセス: JR関西本線、草津線/柘植(つげ)駅からタクシーで約15分
伊賀鉄道線/上野市駅からタクシーで約25分
URL: http://www.moku-moku.com/
Facebook: Iga no Sato: Moku-Moku Tezukuri Farm
Online Shop: https://mokushop.jp/shop/product/list/6

製造元: 株式会社伊賀の里モクモク手づくりファーム
電話番号: 0595-43-0909
住所: 三重県伊賀市西湯舟3609

モクモクビールは、 三重県伊賀市にある農業公園「伊賀の里(いがのさと)モクモク手づくりファーム」で1995年7月に誕生したビールで、 三重県第1号の地ビールであると共に、中京地区(愛知、岐阜、三重)初の地ビールです。
伊賀の里 モクモク手づくりファームは、農業公園型のテーマパークで、 園内ではブタをメインにやぎやポニーなどを飼育し、 ステージでブタのショーを開催したり、野原を散歩するブタとのふれあいと言った、 自然や動物、美味しい食事、モノづくり体験を一度に楽しめる農業公園です。 園内には、動物との触れ合い牧場、森林浴が楽しめる散歩道、 地ビール工房(伊賀の里 モクモクブルワリー)はじめパン・ハム・ウィンナー・焼豚・ジャージーミルクなどの手造り工房、 パンやソーセージの手造り体験館、地ビールレストラン、バーベキューハウス、カフェ、 土産物ショップなどの施設が揃っています。 特に体験コーナーでは、手づくりウィンナー教室やパンづくり教室など体験教室が充実しています。
モクモクビールを味わうには、バーベキューレストラン「BuuBuuハウス」(ぶーぶーはうす)や フードコート「BuuBuuBAR」(ぶーぶーばる)、「PaPaビアレストラン」、屋外売店などで販売しており、 バーベキューレストラン「BuuBuuハウス」では、 ブタ肉や自家製ソーセージを出来たてのビールと一緒に味わうことができます。 また、ファーム外のモクモク手づくりファーム直営店(東海近畿の11店舗)やオンラインショップでも購入できます。


伊賀の里 モクモク手づくりファーム インフォメーション受付


左手奥がファームへの入園口


1階がBuuBuuハウス、2階がBuuBuuBAR





BuuBuuハウスの店内


カウンターには4本のタップ


店内は天井の高いホールになっていて、各席にバーベキュー用のコンロが据え付けてあります


豚肉のいろいろな部位を楽しめる「食べ比べセット」


2階BuuBuuBARのテラス席


PaPaビアレストラン


PaPaビアレストランのエントランス





売店では、瓶入りのモクモクビールを販売しています

モクモクビールは、非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールです。 伊賀の里 モクモクブルワリーでは、 原材料に自家製麦芽をはじめ、ドイツ産、アメリカ産、オーストラリア産の麦芽と、 チェコ産ザーツホップ、アメリカ産カスケードホップをはじめ、 イギリス産、ドイツ産、ニュージーランド産のホップを使用して醸造しています。

ゴールデンピルスナー

春うらら

おつかれSummer Ale

ゴールデン
ピルスナー

春うらら

バーレーワイン
酵母ビール

レッド・ラガー

月夜の黒エール

伊賀の里 モクモク手づくりファームは、受託醸造も行っています。OEM供給先としては、
い志井ビール」(い志井グループ/東京)があります。


モクモクビールを製造する株式会社伊賀の里モクモク手づくりファームは、養豚を中心とする農業と、 農業公園や飲食店の運営を手掛ける農事組合法人です。 成り立ちは、1983年8月に誕生した銘柄豚「伊賀豚」を生産する養豚農家を中心に20軒が200万円ずつ出資して、 1987年4月に「ハム工房モクモク」を設立したところからスタートしました。 そして、1988年5月にログハウスで「ハム工房モクモク」が操業を開始し、1989年4月には「手づくりウィンナー教室」を開始。 その後、1995年7月7日にファクトリーファーム「モクモク手づくりファーム」を開園すると共に、 東海三県で初となる地ビールの販売を開始しました。

モクモク手づくりファームの地ビール工房(伊賀の里 モクモクブルワリー)では、地ビールの製造開始に先駆けて、 3人のチェコ出身ブルワーが訪れて醸造指導に携わっていました。 特に、当時の定番「伊賀山麓ピルスナー」のレシピづくりには大きな影響をもたらしていました。開業当時は、 伊賀山麓ピルスナー、ヴァイツェン、ペールエール、スモークエール、アンバーエールの5種類のビールを提供していました。

伊賀の里 モクモクブルワリーの特長の1つに、自前の製麦設備を持っていることがあります。 収穫した大麦から自前で麦芽の製麦も手掛けており、ブルワリーに隣接する麦芽工房では、 滋賀県東近江産の大麦を使用した麦芽づくりを行なっています。 こうしたこだわりのあるビール造りが、モクモク手づくりファームならではだと言えます。
※自家製麦芽は、ゴールデンピルスナーに使用されています。

伊賀の里 モクモクブルワリーには見学コースがあり、醸造設備の周囲をぐるりと一周しながら見学できます。


伊賀の里 モクモクブルワリー





伊賀の里 モクモクブルワリーの館内





ブルワー紹介と受賞ビールの展示


工房見学コース


仕込み設備


チェコ共和国のZVUa.s.社製の銅製のタンクを取り寄せて、本格的なピルスナー造りを目指しました


仕込み設備の裏側


発酵タンク


貯酒タンク


貯酒タンク


瓶の充填機


麦芽とホップのサンプル


ブルワリーの入口ではホップが植栽されています

伊賀の里 モクモクブルワリーでは、ブルワリーの見学ツアーが開催されています。 工房長の服部 義春さんとブルワリーマイスターの森下 由美香さんから、原料のお話から製造工程、 ビールの飲み方・注ぎ方に至るまで、丁寧に説明をして下さいます。


タンクから直接注いだ「若ビール」の試飲です


熟成中のビール(春うらら)の試飲もありました


伊賀の里 モクモク手づくりファームのこれまでの歩みは、以下の通りです。
1983年8月銘柄豚「伊賀豚」が誕生
1987年4月「ハム工房モクモク」を設立
1988年5月「ハム工房モクモク」が操業開始
1995年酒類等製造免許(ビール)を取得
1995年7月7日「モクモク手作りファーム」をオープン
モクモクビールを販売開始
1997年7月園内に「PaPaビアレストラン」をオープン
1998年10月三重県島ヶ原村(現在は伊賀市)へ「元気なおかず工房モクモク」をオープン
2001年1月園内に「野天もくもくの湯」をオープン
2004年11月園内のファーマーズマーケットを「元気な野菜塾市場」としてリニューアルオープン
2005年3月名古屋三越LACHICへ直営農場レストラン「モクモク風の葡萄」をオープン
2005年3月中部近鉄百貨店 草津店へ直営農場レストラン「モクモク風の葡萄」をオープン
2005年3月「2005年春季 全国酒類コンクール」国産ビール部門で「春うらら」が1位を受賞
2005年6月園内に「モクモクジャージー牧場」をオープン
2005年10月「インターナショナル・ビアコンペティション2005」で金・銀・銅賞を受賞
2006年4月「ワールド・ビアカップ2006」で「春うらら」が金賞を受賞
2006年10月「インターナショナル・ビアコンペティション2006」で銀・銅賞を受賞
2007年3月三重県津市へ直営「農場レストラン 風にふかれて」をオープン
2007年6月「ジャパン・アジア・ビアカップ2007」で金・銅賞を受賞
2007年6月園内に「ジャージーミルク工房」をオープン
2008年5月「ジャパン・アジア・ビアカップ2008」で銀・銅賞を受賞
2008年11月JR名古屋駅へ直営「元気になる農場レストランモクモク」をオープン
2009年7月園入口に「モクモクカフェ」をオープン
2010年10月東名阪自動車道の御在所サービスエリアへモクモク直売店をオープン
2011年5月4日大阪ルクアへ直営「元気になる農場レストラン モクモク」をオープン
2011年9月19日三重県伊賀市へ直営「ハハトコ食堂 伊賀上野店」をオープン
2012年7月園入口の「モクモクカフェ」を「mokumokuとまとcafe」へリニューアルオープン
2013年4月25日東京ミッドタウンへ「伊賀の里モクモク手づくりファーム 東京ミッドタウン店」をオープン
2013年6月13日大阪あべのハルカスへ直営「農場レストラン お日さまのえがお」をオープン
2015年3月20日三重県名張市へ「ハハトコ食堂 名張桔梗が丘店」をオープン
2015年4月24日三重県津市の津松菱百貨店へ直営「ハハトコ食堂 津松菱店」をオープン
2015年9月19日京都市中京区へ直営「元気になる農場レストラン モクモク」をオープン
2015年10月17日兵庫県西宮市「エビスタ西宮」へ直営「元気になる農場レストラン モクモク」をオープン
2016年4月29日伊勢神宮おかげ横丁内へとんかつ店「おかげ横丁もくとん」をオープン
2016年5月16日大阪府枚方市の枚方T-SITEへ直営「農場ものがたりレストラン モクモク」をオープン
2016年11月30日「ハハトコ食堂 名張桔梗が丘店」を閉店
2018年11月9日三重県津市へ「もくとん イオンモール津南店」をオープン
2019年3月6日三重県四日市市へ尾鷲しおラーメン「モクモクしお学舎」をオープン
2019年4月30日「ハハトコ食堂 伊賀上野店」を閉店
2019年11月16日三重県四日市市へ「農場カフェレストランSaRaRa」をオープン
2020年1月6日「伊賀の里モクモク手づくりファーム 東京ミッドタウン店」を閉店
2020年6月30日「エビスタ西宮」の直営「元気になる農場レストラン モクモク」を閉店
2020年12月15日大阪ルクアの直営「元気になる農場レストラン モクモク」を閉店
2021年JR京都伊勢丹へ直営「元気になる農場レストラン モクモク」をオープン予定

上記で紹介したほかに、 三重県四日市市の四日市近鉄百貨店内「近鉄四日市直売店」、三重県津市の津松菱百貨店内「津松菱直売店」などの店舗も開業しています。



ビアクルーズ管理人の一言:
1995年11月、三重県阿山郡阿山町(現在は、三重県伊賀市)にある「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」訪れて、 モクモクビールを初めて飲みました。
ビアクルーズ管理人が初めて地ビールを飲んだのが、この「モクモクビール」でした。 言わば、地ビールとの出逢いの場ということになります。
自然豊かなファーム内の景色をバックに、バーベキューに舌鼓を打ちながら、 よく冷えた出来立てのビールを堪能できるのもモクモクファームの醍醐味です。



 HOME >> 中部 >> モクモクビール