湘南ビール


ブルーパブ名: 熊澤酒造 直営各店舗
ビールの種類: ピルスナー
シュバルツ
アルト
ゴールデンエール
IPA (アメリカン インディア ペールエール)
チョコレートポーター [限定販売]
ヴァイツェン [限定販売]
ヴァイツェンボック [限定販売]
ラオホヴァイス [限定販売]
マイボック [限定販売]
アンバーエール [限定販売]
セゾン [限定販売]
ベルジャンレッド [限定販売]
ライスラガー [限定販売]
茅ヶ崎キヌヒカリエール [限定販売]
バーレーワイン [限定販売]
ウィートワイン [限定販売]
インペリアル スタウト [限定販売]
ベルジャン スタウト  [限定販売]
大磯こたつみかんエール  (フルーツビール)[限定販売]
サマーオレンジエール (フルーツビール)[限定販売]
Lemongrass Hopper (フルーツビール)[限定販売]
27コーヒーエール (フルーツビール)[限定販売]
柚子エール (フルーツビール)[限定販売]
天狗 (ベルジャンスタウト)[限定販売]
その他、限定ビール
醸造開始: 1996年12月9日
URL: http://www.kumazawa.jp/

製造元: 熊澤酒造株式会社
電話番号: 0467-52-6118
住所: 神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
アクセス: JR相模線/香川駅から徒歩5分

湘南ビールを醸造する熊澤酒造(くまざわしゅぞう)は、1872年(明治5年)創業の老舗の造り酒屋で、 湘南の秘蔵酒「曙光」(しょこう)や清酒「天青」(てんせい)の蔵元です。 熊澤酒造の本社や酒蔵は、茅ヶ崎市街地から北へ3Kmほど内陸へ入った住宅地に囲まれた静かな環境の中にあります。 茅ヶ崎というとサザンオールスターズのイメージがあり派手な印象が強いのですが、 ここは海岸線からは離れていて、昔ながらの酒蔵や古民家風の建物が緑に覆われた空間に点在し、 風情を感じさせる落ち着いた雰囲気のところです。
湘南ビールの販売を開始した1996年当時は、敷地内の店舗はパブレストランの「湘南麦酒蔵」が1軒あった程度でしたが、 その後、和食処「蔵元料理 天青」やダイニングレストラン「MOKICHI TRATTORIA」(モキチ トラットリア)、 カフェ「mokichi wurst cafe」(モキチ ヴルスト カフェ)などが次々にオープンして、 レストランからカフェ、ベーカリー、雑貨店など様々な店舗が揃うちょっとしたモールの様な場所になりました。


熊澤酒造







湘南ビールは、ドイツの伝統的な製法を守り、原材料には厳選した麦芽とホップを使用し、 丹沢山系の伏流水を仕込み水として100%使用して醸造する非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールです。

ピルスナー

シュバルツ

アルト

柚子エール

シュバルツ
クリスマスラベル

湘南ルビー
新江ノ島水族館
オリジナル


ここからは、熊澤酒造の直営店をご紹介していきます。

■■■ 蔵元料理 天青
2002年にオープンした和食処「蔵元料理 天青」(くらもとりょうり てんせい)は、 熊澤酒造の敷地内へ大正時代に建てた酒蔵を改装した落ち着いた雰囲気のお店です。 米・水・魚・野菜にこだわった四季折々の蔵元料理と、蔵元ならではの搾りたての新酒を堪能できるところです。 個室希望の場合には、離れの「麹室」が利用できます。


蔵元料理 天青








蔵元料理 天青の店内
※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/tensei/

蔵元料理 天青  (TEL: 0467-52-6115/第3火曜日、8月・12月は無休/
11:30〜15:00、 17:30〜22:00/所在地: 神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7/
アクセス: JR相模線/香川駅から徒歩5分/
URL: http://www.kumazawa.jp/mokichi/tensei/ )



■■■ MOKICHI TRATTORIA
2014年にリニューアルオープンしたダイニングレストラン「MOKICHI TRATTORIA」(モキチ トラットリア)は、 熊澤酒造の敷地内へ築450年の鎌倉の古民家を移築しリノベーションしたレストランで、 石釜焼きピッツァや生パスタ、地元産 岡本豚のハム・ソーセージ、焼きたてパンなどを、 湘南ビールと合わせて楽しめるところです。 店名の「MOKICHI」は、湘南ビールを立ち上げた六代目 熊澤 茂吉(くまざわもきち)さんの名前から命名しました。


MOKICHI TRATTORIA
※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/trattoria/


MOKICHI TRATTORIAの店内
※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/trattoria/


屋上のテラス席
※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/trattoria/

MOKICHI TRATTORIA  (TEL: 0467-52-6111/第3火曜休、8月・12月は無休/
平 日: 11:30〜15:00、 17:30〜22:00
土日祝: 11:30〜22:00/
所在地: 神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7/
アクセス: JR相模線/香川駅から徒歩5分/
URL: http://www.kumazawa.jp/mokichi/trattoria/ )


2014年5月のリニューアル前のMOKICHI TRATTORIA





MOKICHI TRATTORIAの店内


湘南ビールの販売コーナー



■■■ mokichi wurst cafe
2015年にオープンしたカフェ「mokichi wurst cafe」(モキチ ヴルスト カフェ)は、 熊澤酒造の敷地内へ築200年の東北地方の古民家を移築し改装したカフェで、収穫を意味する「Harvest」をコンセプトに、 地元で獲れた四季折々の食材を使った料理を湘南ビールや日本酒とともに味わえるところです。


mokichi wurst cafeの店内
※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/wurstcafe/


※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/wurstcafe/

mokichi wurst cafe  (TEL: 0467-50-0202/第3火曜日、8月・12月は無休/
10:00〜17:30/所在地: 神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7/
アクセス: JR相模線/香川駅から徒歩5分/
URL: http://www.kumazawa.jp/mokichi/wurstcafe/ )



■■■ mokichi baker & sweets 香川店
2015年にオープンした「mokichi baker & sweets 香川店」(モキチ ベーカーアンドスイーツかがわてん)は、 熊澤酒造の敷地内の大正時代に建てられた土蔵を改装したベーカリーで、 焼きたてパンや洋菓子、ケーキなどを販売しています。 ここは、ビールの製造工程で出される栄養価の豊富なビール酵母の再利用を検討した結果、 パン造りに活用することを思いついて誕生したお店です。原材料には北米産小麦と国内産小麦を使用し、 酵母の添加を少なくして長時間発酵させることにより小麦粉の風味や甘味を引き出しています。


mokichi baker & sweets 香川店の店内
※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/baker/


※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/baker/

mokichi baker & sweets  (TEL: 0467-52-6144/第3火曜日、8月・12月は無休/
10:00〜17:30/所在地: 神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7/
アクセス: JR相模線/香川駅から徒歩5分/
URL: http://www.kumazawa.jp/mokichi/baker/ )



■■■ okeba gallery & shop
「okeba gallery & shop」(オケバ ギャラリーアンドショップ)は、創業当時に、 酒樽や道具の製作や修理を行っていた工房があった「桶場」(おけば)と呼ばれていた倉庫を改装した雑貨店で、 1階では湘南地域の作家やアーティストの作品や、ヴィンテージ家具、古道具などを販売しており、 2階は絵本を中心に古書の販売コーナーと、個展やワークショップを開催するスペースなどがあります。


okeba gallery & shop


okeba gallery & shopの店内
※出典: http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/

okeba gallery & shop  (TEL: 0467-50-0252/不定休/
平 日: 11:00〜17:00、 土日祝: 11:00〜18:00/
所在地: 神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7/アクセス: JR相模線/香川駅から徒歩5分/
URL: http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/ )



■■■ MOKICHI FOODS GARDEN
2005年に茅ヶ崎駅近くへオープンしたレストラン「MOKICHI FOODS GARDEN」(モキチ フーズガーデン)は、 戦前から続いた木造の精麦工場の建物をそのまま再利用した店舗で、 石釜焼きのナポリピッツァをはじめビールと相性の良い料理と、湘南ビールのペアリングを楽しめるところです。 焼きたてパンやケーキを提供する「mokichi baker & sweets 茅ヶ崎店」を併設しています。

MOKICHI FOODS GARDEN  (TEL: 0467-84-0123/第3火曜日、8月・12月は無休/
月〜木、日曜: 11:30〜14:30、17:30〜22:00、 金土・祝前日: 11:30〜23:00/
所在地: 神奈川県茅ヶ崎市元町13-1/
アクセス: JR東海道本線、相模線/茅ヶ崎駅北口から徒歩5分/
URL: http://www.kumazawa.jp/mokichi/foodsgarden/ )



■■■ MOKICHI CRAFTBEER
2011年に藤沢駅近くへオープンしたビアパブ「MOKICHI CRAFTBEER」(モキチ クラフトビア)は、 クラシカルな雰囲気を持ったビアパブで、 ニューヨーク スタイル ピザをはじめグリルやローストを中心とするビールとの相性の良い料理と、 常に12種類のクラフトビールを提供するお店です。

MOKICHI CRAFTBEER  (TEL: 0466-90-3590/第3火曜日、12月は無休/
平 日: 11:30〜15:30、17:00〜23:00、 土曜日: 11:30〜23:00、 日曜日: 11:30〜22:00/
所在地: 神奈川県藤沢市南藤沢20-19 第2ハルミビル1F/
アクセス: JR東海道本線、小田急電鉄 江の島線、江ノ島電鉄線/藤沢駅南口から徒歩3分/
URL: http://www.kumazawa.jp/mokichi/craftbeer/
Facebook: MOKICHI CRAFT BEER )



湘南ビールを醸造する熊澤酒造は、1872年(明治5年)に初代 熊澤 兵衛さんが茅ヶ崎の地に創業した老舗の造り酒屋です。
湘南ビールが造られるようになった経緯は、 熊澤酒造の六代目 熊澤 茂吉(くまざわもきち)さんが、アメリカを旅した1992年に遡ります。 その頃、熊澤酒造は大きな転換期を迎えていました。 昔ながらの酒造りを続けていては、廃業の危機を脱することもかなわない状況でした。 そんな時、「よっぱらいは日本を豊かにする。」という社是を掲げた六代目の茂吉さんが熊澤酒造の後を継ぎ、 方向転換を進めて行きました。そうして、日本酒「天青」が生まれ、1996年には「湘南ビール」が誕生しました。

湘南ビールの販売開始と併せて、熊澤酒造の敷地内にはパブレストラン「湘南麦酒蔵」をオープンしました。 元々大正時代の酒の道具を収納していた大正時代に建てられた土蔵を改装して、 アメリカンスタイルのブルーパブとして営業を開始しました。 その当時は、湘南ビター(ピルスナー)、湘南リーベ(シュヴァルツ)、湘南ルビー(アルト)の定番3種類のほか、 ヴァイツェンボックなどのビールを提供していました。

その後、 イタリアンレストラン「MOKICHI TRATTORIA」(モキチ トラットリア)をオープンしました。
2002年6月には、和食処「蔵元料理 天青」をオープン。
2005年2月には、茅ヶ崎駅北口近くへレストラン「MOKICHI FOODS GARDEN」(モキチ フーズガーデン)をオープン。
2011年9月26日には、藤沢駅南口近くへビアパブ「MOKICHI CRAFTBEER」(モキチ クラフトビア)をオープン。
2014年5月26日には、 イタリアンレストラン「MOKICHI TRATTORIA」(モキチ トラットリア)をリニューアルオープン。 従来の建物の横へ、鎌倉山にあった築450年の古民家を解体・移築して、 スタイリッシュで重厚感のあるダイニングレストランにリノベーションしました。
2015年9月16日には、カフェ「mokichi wurst cafe」(モキチ ヴルスト カフェ)をオープン。
また、以前「湘南麦酒蔵」として使用していた大正時代に建てられた土蔵を更にリニューアルして、 2015年に「mokichi baker & sweets 香川店」(モキチ ベーカーアンドスイーツかがわてん)をオープン。


ビアクルーズ管理人の一言:
1997年11月、湘南ビールは、 神奈川県茅ヶ崎市の熊澤酒造にあった古い土蔵を改装したパブレストラン「湘南麦酒蔵」で初めて飲みました。
2012年10月、熊澤酒造のMOKICHI TRATTORIAを訪れました。



 HOME >> 関東 >> 湘南ビール