ベイサイドマリーナビール


ブルーパブ名:  横浜ベイサイドマリーナ スパーク エクスチェンジ
電話番号: 045-771-5333
住所: 神奈川県横浜市金沢区白帆6-2 横浜ベイサイドマリーナ
定休日: 不定休
営業時間: 平 日: 10:00〜20:00
土日祝: 9:00〜20:00
ビールの種類: ゴールデンエール
アンバーエール
販売開始: 1998年9月4日
アクセス: 金沢シーサイドライン/鳥浜駅から徒歩5分
URL:

製造元: 横須賀産業株式会社
電話番号: 045-789-4390
住所: 神奈川県横浜市金沢区柴町361

ベイサイドマリーナビールは、神奈川県横浜市金沢区の横浜ベイサイドマリーナ ショップス&レストランツ内の一角 「Spark Exchange」(スパーク エクスチェンジ)館内にあった地ビールファクトリーで、 販売されていたビールです。 横浜ベイサイドマリーナに隣接する「横浜ベイサイドマリーナ ショップス&レストランツ」は、 1996年4月1日に開業したショッピングモールやアウトレットモール、 レストランなどが集う複合商業施設です。(現在は、三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドに改称) その一角にあったSpark Exchangeは、 「体感鮮度市場」というコンセプトで世界中から取り寄せた食の逸品、とれたて素材、できたて惣菜、 焼き立てパンなどを扱うとてもユニークな「食の工場」を謳った食品モールでした。 館内には、当時日本一の巨大ワインセラー(6万本をストック)や、地ビールファクトリー、チーズファクトリー、 新鮮なハム・ソーセージが並ぶスモークファクトリーなどの店舗が並んでいました。 その地ビールファクトリーでは、ベイサイドマリーナビールや八景島ビールなどを販売していました。


Spark Exchange




ベイサイドマリーナビールの製造元であり、 Spark Exchangeの運営元でもあった横須賀産業株式会社は、 神奈川県下にスーパーマーケットを展開していた会社です。 ベイサイドマリーナビールは、横須賀産業株式会社が経営していたイタリアンレストラン「コーラルハウス」で、 同社の八景島ビールと一緒に醸造され、Spark Exchangeの地ビールファクトリー内の瓶詰工場にて製品化されて、 販売されていました。


残念ながら、ビールの販売は終了しました。


ビアクルーズ管理人の一言:
1999年12月、横浜ベイサイドマリーナにある「Spark Exchange」を訪れて、 ベイサイドマリーナビールを飲みました。



 HOME >> 関東 >> ベイサイドマリーナビール