Latticework brewing


ブルーパブ名: Latticework BREWING Tap House
電話番号: 0766-75-9089
住所: 富山県高岡市金屋町3-15
定休日: 不定休 (主に月木休)
営業時間: 17:00〜21:00
ビールの種類: 金屋ビール(アメリカン ペールエール)
247SESSION-IPA (セッション インディア ペールエール)
Happy Wheat (ウィート インディア ペールエール)
かすみ雲 (アメリカン ペールエール)
EQUINOX BLACK (アメリカン ブラックエール)
Chains of HOP
THE291[ザふ・く・い] (ペールエール)

BROWN-nose[ブラウンノーズ] (アメリカン ブラウンエール)
ウルシバラミカン (ヘイジー インディア ペールエール)
セッション インディア ペールエール
M I B (インペリアルブラック インディア ペールエール)
The Gift (ヘイジー インディア ペールエール)
カスケード山脈 (セッション インディア ペールエール)
新世界 (インディア ペールエール)
黒の時代 (ブラック インディア ペールエール)
永久不滅 (セゾン)
ウルシバラミカン2nd (ジューシー インディア ペールエール)
ミュータント (セッション ジューシー インディア ペールエール)
マンダリンだ (創作フルーツペールエール)
はじめの一歩 (テーブルビール)
黒の星 (アメリカン ロバストポーター)
ゾウとネズミ (インディア ペールエール)
ウルシ兄弟 (ジューシー インディア ペールエール)
アメリカンストロングペールエール

醸造開始: 2018年6月19日
アクセス: あいの風とやま鉄道線(旧JR北陸本線)、JR城端線、氷見線/高岡駅から万葉線で4分、「片原町」電停から徒歩15分
高岡駅から徒歩25分
Facebook: Latticework brewing

製造元: Latticework BREWIEG
電話番号: 0766-75-9089
住所: 富山県高岡市金屋町3番15号

Latticework brewing(ラティスワーク ブリューイング)は、 富山県高岡市へ2018年に誕生したマイクロブルワリーです。
Latticework brewingがある高岡市(たかおかし)は、富山県の北西部に位置し、 伝統工芸である高岡銅器に代表される鋳物の生産地として知られています。 古くは、加賀藩主前田利長公が築いた高岡城の城下町として発展したところで、 その当時から銅器産業が盛んだったと言われています。
その高岡銅器産業の中心として栄えいた高岡市中心部にほど近い金屋町(かなやまち)は、 今でも昔ながらの風情を留める格子造りの家並みが続き、 2012年には文化庁から重要伝統的建造物群保存地区に選定されたところです。 そんな町の一角に、Latticework brewingと併設ブリューパブ「Latticework BREWING Tap House」 (ラティスワーク ブリューイング タップハウス)があります。


Latticework BREWING Tap House
※出典: Latticework brewingのFacebook


※出典: Latticework brewingのFacebook


醸造設備
※出典: Latticework brewingのFacebook

Latticework brewingのこれまでの経緯は、以下の通りです。
2017年12月11日醸造所の建物の改修工事開始
2018年3月28日酒類等製造免許(ビール、発泡酒)を取得
2018年5月20日自家醸造ビールの初仕込み
2018年6月19日御印祭で自家醸造ビールをお披露目
2018年9月「Latticework BREWING Tap House」をオープン
2019年6月27日発酵タンクを1基追加して計3基

ビールのお披露目をした御印祭(ごいんさい)についてですが、 これは高岡市金屋町に伝わるお祭りで、毎年6月19日〜20日に行われています。 高岡の開祖 前田利長公の命日(6月20日)を偲ぶもので、前夜祭として盛大に行われる町流しが見どころです。 この町流しは、金屋町の石畳の通りを、法被姿(鋳物師[いもじ:鋳物職人のこと]の作業着に見立てた姿)の行列が 鋳物師の作業唄として生まれた弥栄節(やがえふ)に合わせて踊りながら進んでいくというものです。 御印祭の「御印」とは、前田利長公より下された鋳物の製造許可の印です。


ビアクルーズ管理人の一言:
このビールは、まだ飲んでいません。



 HOME >> 北陸 >> Latticework brewing