Fukuoka Craft


ブルーパブ名: FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ
電話番号: 092-791-1494
住所: 福岡県福岡市中央区大名1-11-4 どんぱビル1F
定休日: 無休
営業時間: 17:00〜26:00
ビールの種類: Hazy IPA (ヘイジー インディア ペールエール)
Pale Ale (ペールエール)
Northwest IPA! (アメリカン インディア ペールエール)[限定醸造]
Manu Coffee Stout (コーヒースタウト)[限定醸造]
Session Red Ale (セッションレッドエール)[限定醸造]
周年ブラックIPA (ブラック インディア ペールエール)[限定醸造]
Michigan IPA! (インディア ペールエール)[限定醸造]
American Pale Ale (アメリカン インディア ペールエール)[限定醸造]
ARIGATONKOTSU IPA (ミルクシェーク インディア ペールエール)[Watering Hole(東京)とのコラボ限定醸造]
醸造開始: 2018年7月15日
アクセス: 西日本鉄道 天神大牟田線/西鉄福岡(天神)駅から徒歩8分
URL: http://fukuokacraft.elborracho.com/
Facebook: Fukuoka Craft Brewery / フクオカクラフトブルワリー

製造元: 株式会社EFM
電話番号: 092-791-1494
住所: 福岡県福岡市中央区大名一丁目11番4号 どんぱビル102号室
URL: http://www.elborracho.com/

Fukuoka Craft(フクオカクラフト)を製造するFukuoka Craft Brewery(フクオカクラフトブリュワリー)は、 福岡県福岡市中央区へ2018年に誕生したマイクロブルワリーです。
天神近くにある、国内外のクラフトビールを楽しめるブリューパブ「FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ」で提供しています。 ここは、メキシカンレストランを展開するエルボラーチョグループの店舗の1つで、Fukuoka Craft Breweryを店内に併設しており、 出来立ての自家製ビールをはじめ様々なお酒と本場メキシカンを楽しめるところです。


FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ
出典: FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ提供画像


出典: FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ提供画像

Fukuoka Craftの定番は、Pale AleとHazy IPAの2種類で、その他季節ごとの限定醸造ビールも順次提供しています。 また、缶入りのPale Aleは、米国ポートランドのLABrewatory(ラブリュワトリー)で委託醸造し2020年5月より販売しています。

Pale Ale

Hazy IPA

Pale Ale缶(委託醸造)

FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョのフードメニューは、 メキシコ料理をベースにビールとよく合う料理を基本とし、 おつまみメニューのほか、タコスやブリトー、メキシカンバーベキューなどの食事メニューも取り揃えています。


出典: FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ提供画像


Fukuoka Craft Brewery、及びFUKUOKA CRAFT by エルボラーチョを運営する株式会社EFMは、 メキシコ料理レストランを福岡中心に東京、メキシコなどに展開するほか、 メキシコ料理に関する食材、酒類、雑貨のオンラインショップを運営する飲食業の会社です。 メキシコ料理レストラン「エルボラーチョ」は、現在(2020年5月時点)、福岡に5店舗、東京へ2店舗、メキシコへ1店舗を展開中。 「エルボラーチョ」とは、スペイン語で「酔っ払いの男性」を意味しており、 メキシコの酒であるテキーラをはじめ様々なアルコール類を提供する店舗であることから命名しました。

株式会社EFMの代表取締役杉山 芳文(すぎやまよしふみ)さんは、大分県別府市の出身で、 メキシコ料理を専門とする料理人であり、上記の通りレストランチェーンやオンラインショップの経営者です。 杉山さんは、 働き始めてまもなくメキシコ料理に興味を持つと、1999年6月に単身メキシコへ渡り、現地で2年間、メキシコ料理の修業をしました。 5軒のレストランで働きながら500種類以上のメキシコ料理を習得。 その後帰国し、2002年4月に福岡市中央区大名へレストラン「エルボラーチョ」を開業しました。

元々酒にも造詣が深かった杉山さんは、2013年7月にオリジナルのテキーラ[雫](しずく)の販売を開始します。 これは、日本人向けに飲み易くアレンジしたもので、 日本人として初の100%アガヴェを使用したテキーラとして、日本国内とメキシコにて販売しています。 また、以前からクラフトビールの大ファンでもあり、いつかは自分たちの手でブルワリーをつくりたいと考えて来たことから、 FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョをオープンしました。

ヘッドブルワーを務めるアメリカ人 David Victor(デヴィッド ヴィクター)さんは、米国ミシガン州の出身で、 以前は翻訳の仕事をしていたという醸造家です。 デヴィッドさんは、若い頃からビールが好きで、地元アメリカではホームブルワーとして独学でビール造りを経験してきました。 2002年に来日したデヴィッドさんは福岡で翻訳の仕事に従事していました。そんなある日、 デビルクラフト(東京)の経営者らと出逢い、デビルクラフトのブルワリーを見学させてもらって、彼らの醸造哲学に感銘を受けました。 そして福岡へ戻ると、八女ブルワリーの矢野恒平さんの元へ通いながら、ブルワーの道を目指して仕事の傍らビール造りを学びはじめます。 そんな折、杉山さんと出逢い、クラフトビールについて意気投合したことから、福岡でビール造りを始める決断をします。 こうして翻訳の仕事を辞めて、Fukuoka Craft Breweryへ移りました。

エルボラーチョとFukuoka Craftのこれまでの経緯は、以下の通りです。
2002年4月15日創業、エルボラーチョ(現在の大名店)をオープン
2007年1月株式会社EFMを設立
2007年7月25日2号店「ラ ボラーチャ」をオープン(後に、「エルボラーチョ ロスティ高砂店」に改名)
2009年7月通販サイト「メキシコ料理ドットコム」をオープン
2011年3月3日JR博多シティへ3号店「エルボラーチョ カンティーナ博多店」をオープン
2012年7月2日4号店「エルボラーチョ カルボン西新店」をオープン
2013年6月株式会社ピオネーロを設立
2013年7月テキーラ[雫]を発売
2014年3月10日イタリアン、スペイン料理など2店舗と合同でバル「mercado3miguel」(メルカドサンミゲル)を開業、同バル内へ5号店「メキシカンバル エルボラーチョサンミゲル店」をオープン
2014年3月20日東京・日本橋へ、「エルボラーチョ 日本橋店」(ピオネーロ)をオープン
2014年11月13日6号店「エルボラーチョ 天神パルコ店」をオープン【現在は閉店】
2015年12月東京・銀座へ、「エルボラーチョ 銀座コリドー店」(ピオネーロ)をオープン
2016年6月17日メキシカンバル エルボラーチョサンミゲル店を業態変更し、「Shizuku バーガー グリル店」としてリニューアルオープン【現在は閉店】
2016年12月メキシコへ、7号店「エルボラーチョ カンクン店[TACOS OISHI]」をオープン
2017年2月28日エルボラーチョ ロスティ高砂店を閉店
2017年4月東京・神保町へ、「海老とワイン 下町ボラーチョ」(ピオネーロ)をオープン【現在は閉店】
2017年7月15日ブリューパブ「FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ」をオープン
2018年3月20日酒類等製造免許(発泡酒)を取得
2018年4月23日醸造設備を導入
2018年7月15日「Fukuoka Craft」の販売を開始
2019年3月2日福岡ヤフオク!ドームへ「FUKUOKA CRAFT第二号店」をオープン


醸造設備は、Portland Kettle Works社(米国オレゴン州)のプラントを採用
出典: FUKUOKA CRAFTのFacebookより


ヘッドブルワーのデヴィッド ヴィクターさん
出典: FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ提供画像


ビアクルーズ管理人の一言:
Fukuoka Craftで醸造したビールは、まだ飲んでいません。
2020年5月、米国ポートランドのLABrewatoryへ委託醸造した缶入りペールエールを、 発売直後に福岡県福岡市中央区の「FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ」のオンラインショップで購入して、 自宅で飲みました。



 HOME >> 九州 >> Fukuoka Craft