夢花まき麦酒醸造所


ブルーパブ名:  夢花まき麦酒醸造所
電話番号: 0198-29-5840
住所: 岩手県花巻市東町5-3 2F
定休日: 月曜休
営業時間: 16:00〜22:00
ビールの種類: ラガー
ライトエール
ピルスナー
ダークエール
苺&紅花 (フルーツ発泡酒)
ぶどうエール (フルーツ発泡酒)
りんごエール (フルーツ発泡酒)
山ぶどうエール (フルーツ発泡酒)
ホワイト (ホワイトエール)
メロン (フルーツエール)
営業開始: 2013年1月11日
アクセス: JR東北本線、釜石線/花巻駅から徒歩20分、タクシーで5分
URL: http://www.yumehanamaki.com/

製造元: 株式会社宮城マイクロブルワリー  夢花まき麦酒醸造所
電話番号: 0198-29-5840
住所: 岩手県花巻市東町5-3

夢花まき麦酒醸造所(ゆめはなまきばくしゅじょうぞうじょ)を運営する宮城マイクロブルワリーは、 宮城県亘理町で1997年に創業したマイクロブルワリーです。 亘理町では醸造所とビアレストランを併設した「鳥の海ブルワリー」でビール造りをしていましたが、 その後花巻へ移転し、2013年1月に夢花まき麦酒醸造所をオープンしました。
夢花まき麦酒醸造所のある花巻市(はなまきし)は、岩手県の中西部、東に北上高地、 西に奥羽山脈を望む北上盆地に位置し、冬季はマイナス20℃近くまで気温が下がることもあるとても寒いところです。 市内には、南北に一級河川 北上川が流れ、市の西部には花巻温泉郷があるほか、 童話作家 宮沢 賢治(みやざわけんじ)生誕の地として知られています。
夢花まき麦酒醸造所の店内は、1階に地ビールの醸造所とパン工房「ロジ」があり、2階がビアレストランになっています。


夢花まき麦酒醸造所





夢花まき麦酒醸造所併設レストランは、ここから入店して2階へ


夢花まき麦酒醸造所併設レストランのエントランス
エントランスルームには、ミッキーが弾く自動演奏ピアノが置かれています


レストランの店内


メインダイニング


カウンターにはタップが6つ


個室


ショーケースには珍しいペットボトル入りのビールが並んでいます


夢花まき麦酒醸造所では、 原材料にオーストラリア産の麦芽とドイツ産、アメリカ産、チェコ産、イギリス産のホップを使用し、 地元 花巻のきれいな水を仕込み水として使用して醸造しています。 イチゴ、リンゴ、ブドウなどの果実を使ったフルーツビールをはじめ、名取特産のメロンを使ったフルーツビールや、 どぶろくにも挑戦しています。


テイスティングセット
左から、ラガー、ライトエール、いちご&紅花、ぶどうエール、りんごエール、山ぶどうエール


ラガー

ピルスナー、 ライトエール、 いちご&紅花、 ラガー、 りんごエール、 グレープ(赤)エール


夢花まき麦酒醸造所のフードメニューは、 はなまきホルモン、モツ煮、ソーセージ3種盛り、ガーリックトースト、2種類のブルスケッタ、 チーズサラミ、フライドポテト、枝豆、サラダ、自家製キムチ、漬け物盛り合わせなどのメニューを取り揃えています。


お通しのポテトサラダ


枝豆


バタープレッツェル (パン工房から分けてもらいました)


ソーセージ3種盛り
このソーセージは、マンガ「美味しんぼ」16巻に登場した無添加手作りソーセージで
ハーブ・チキン・ポークの3種類がセットになっています。


株式会社宮城マイクロブルワリーの代表取締役を務める原 勉(はらつとむ)さんは、 会計事務所や不動産業を経営する実業家で、その傍ら新規事業としてマイクロブルワリーを運営しています。 原さんがビール造りを始めた経緯は、ドイツを訪れた際に飲んだビールの美味さに感動したことから、 自身も地元でビール造りを始めたいと考えて1997年に宮城県亘理町へ醸造所とビアレストランを併設する「鳥の海ブルワリー」を開業しました。 鳥の海ブルワリーでは、ラガー系のビールのほか、 地元 亘理町産のイチゴや、リンゴ、ブドウを使ったフルーツビールなどを製造していました。

ところが、2011年3月11月に発生した東日本大震災の大津波で鳥の海ブルワリーは流出してしまいます。 醸造設備や原材料、そして建物まで全て跡形もなく流されてしまい、 建物の基礎しか残っていない更地の状態となってしまいました。 ビール事業再開の目途も立たない中、一度は「ビール事業はもうやめにしようか」と考えた原さんでしたが、 地元の客から「またここのビールが飲みたい」、「続けて欲しい」という暖かい声に支えられて、醸造所の再開を決意します。 しかし、当時は様々な事情から宮城県内でブルワリーを再開することが困難な状態だったため、 再起を図る場所を求めて岩手県花巻市へ移転することになります。 そして、2012年6月21日に花巻市内で酒類等製造免許(発泡酒)を取得。 震災から1年半が経過した2013年1月11日に、 ビアレストランを併設する醸造所「夢花まき麦酒醸造所」をオープンしました。 こうして、宮城マイクロブルワリーは、新天地で心機一転、ビールの製造・販売を再開し再起を果たしました。

夢花まき麦酒醸造所の醸造設備は、500リットルの煮沸釜が1基と、500リットルの発酵&貯酒タンクが5基を備えており、 1バッチ(1ロットの生産量)が500リットルです。
同じ建物の2階に併設するビアレストランでは、 当初からソーセージ、プレッツェル、パンなどのおつまみとなるフード類を提供しており、 その後は台湾火鍋(しゃぶしゃぶ)なども扱うようになりました。

宮城マイクロブルワリーのこれまでの経緯は、以下の通りです。
1997年1月23日宮城マイクロブルワリーを設立
1997年10月宮城県亘理町へ鳥の海ブルワリーを開業
1997年11月23日自家醸造ビールを販売開始
2004年フルーツビールを提供開始
2011年3月11月東日本大震災の大津波で鳥の海ブルワリーが流出
2012年6月21日夢花まき麦酒醸造所として酒類等製造免許(発泡酒)を取得
2012年12月夢花まき麦酒醸造所を操業開始
2013年1月11日夢花まき麦酒醸造所をオープン、自家醸造ビールの販売を再開


その後、宮城マイクロブルワリーは、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区への醸造所移転を決め、 2019年10月上旬で夢花まき麦酒醸造所での醸造を終了しました。
そして、2020年2月末には夢花まき麦酒醸造所の2Fビアレストランも閉店しました。


ビアクルーズ管理人の一言:
2014年7月、岩手県花巻市にある「夢花まき麦酒醸造所」を訪れて、自家醸造のビールを飲みました。



 HOME >> 東北 >> 夢花まき麦酒醸造所