KAMIKATZビール


ブルーパブ名: RISE & WIN Brewing Co. 第2工場 「STONEWALL HILL」内
インディゴタワー テイスティングサロン
電話番号: 0885-45-0688 (RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Storeの番号)
住所: 徳島県勝浦郡上勝町大字生実字東戸越84-1
定休日: 不定休 (事前に要予約)
営業時間: 未定 (事前に要予約)
ビールの種類: KAMIKATZ IPA (インディア ペールエール)
KAMIKATZ LEUVEN WHITE (ホワイトエール)
KAMIKATZ PALE ALE (ペールエール)
KAMIKATZ PORTER STOUT (ポータースタウト)
KAMIKATZ FREE ALE
醸造開始: 2017年8月11日
アクセス: JR牟岐線/南小松島駅から徒歩4分の「小松島農協前」バス停から徳島バス 勝浦線 横瀬西行で34分、「横瀬西」バス停で上勝町営バスに乗り継いで約36分、「落合東」バス停から徒歩15分
URL: http://www.kamikatz.jp/
Facebook: RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store

製造元: 株式会社スペック  RISE & WIN Brewing Co.
電話番号:
住所: 徳島県勝浦郡上勝町大字生実字東戸越84番地1


KAMIKATZビール(かみかつびーる)は、 ゼロ・ウェイストの町として知られる徳島県上勝町へ2015年に誕生したクラフトビールです。
同年6月にオープンした「RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store」 (ライズアンドウィン ブルーイングカンパニー バーベキューアンドジェネラルストア)で製造・販売を開始しました。 その後、生産量拡大のため、RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store内の醸造所に加え、 これから紹介するRISE & WIN Brewing Co.の第2工場「STONEWALL HILL」を2017年8月にオープンしました。 現在は、第2工場を主力生産拠点として主に5種類の定番ビールを醸造しており、 RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store内の醸造所では、 少量バッチで季節限定ビールや限定販売ビールを醸造しています。

KAMIKATZビールは、原材料にイギリス産、ドイツ産の麦芽と、 ニュージーランド産、イギリス産、アメリカ産、チェコ産、ドイツ産のホップを使用し、 雲早山(くもさやま)の東斜面を源とする勝浦川(かつうらがわ)水系の上勝の美味しい水を仕込み水として使用して、 醸造する非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールです。


KAMIKATZ IPA、 KAMIKATZ LEUVEN WHITE


KAMIKATZ PALE ALE、 KAMIKATZ PORTER STOUT


Morning Summer


RISE & WIN Brewing Co.の第2工場「STONEWALL HILL」は、 以前、製材所として使われていた建物を醸造所としてリノベーションしたもので、 そういう意味で上勝町が掲げる「ゼロ・ウェイスト」理念に合致する施設づくりとなっています。 リノベーションを進めるに当たり全体のプロデュースは、 ターナー賞受賞(2015年)で話題となったイギリスの建築家集団「Assemble Studio」 (アセンブル スタジオ)が担当しています。
敷地内には、KAMIKATZビールの主力生産拠点である醸造所をはじめ、 個人&法人向けプライベートビールを保管するバレルエリア「オーナーズ バレルルーム」、 そのプライベートビールの内容をお客様と決めるテイスティングルーム「インディゴタワー テイスティングサロン」、 ビール酵母の培養と貯蔵保管室を兼ねた「イースト カルティベーション ラボ」などを擁していて、 「CRAFT」と「SCIENCE」が混在する複合施設となっています。
テイスティングルーム「インディゴタワー テイスティングサロン」では、 豊かな緑と澄んだ空気に包まれて、オーダーしたプライベートビールを試飲したり、 出来立てのKAMIKATZビールを味わうことができます。
インディゴタワー テイスティングサロンの利用は完全予約制なので、事前の予約が必要です。

スペック様のご厚意で、RISE & WIN Brewing Co.の第2工場「STONEWALL HILL」を見学させて戴きました。


RISE & WIN Brewing Co. 第2工場 「STONEWALL HILL」





工場の壁面には、「RISE & WIN BREWING CO.」の文字が描かれています


工場内の「オーナーズ バレルルーム」です
棚に並ぶ木樽は、オーダーメイドビールを熟成するためのストック品です
これらの木樽には、販売するものとレンタルで貸し出すものがあります


その棚の中央部分の入口からさらに奥へ進むと、一定に温度管理がなされた熟成室があります


原材料貯蔵庫


貯蔵庫の中には、様々なホップが格納されています


醸造所   ※醸造設備は、アメリカ製です
かなり広いスペースが取られていますので、拡張性バツグン


左側が貯湯タンク(ホットリカー)、 右側の2台が仕込みタンクです


左のタンクが、仕込み(マッシュタン)、ろ過槽(ロイター)
右のタンクが、煮沸釜(ケトル)、ワールプールです


1,800リットルの発酵タンク×5基、 右端は冷水タンク


1,800リットルの貯酒タンク×2基


ボトルの充填機と打栓機


酵母の研究・培養・貯蔵保管をする「イースト カルティベーション ラボ」





培養装置


テイスティングルーム「インディゴタワー テイスティングサロン」


インディゴタワー テイスティングサロンの入口


インディゴタワー テイスティングサロンの室内


RISE & WIN Brewing Co.の第2工場「STONEWALL HILL」では、 2017年6月22日に、酒類等製造免許(発泡酒)を取得。 同年8月11日に、RISE & WIN Brewing Co.の第2工場で製造したKAMIKATZビールの販売を開始しました。
ちなみに、RISE & WIN Brewing Co.の第2工場の生産能力は、120〜150リットル/年間ほどあります。
そしてまた、同年10月10日には、テイスティングルーム「インディゴタワー テイスティングサロン」がオープンしました。

RISE & WIN Brewing Co.は、開業当初、 本場アメリカからアメリカ人ブルワーのRyan Jones(ライアン・ジョーンズ)さんを招聘して、醸造の指導を受けました。 そして彼の指導のもと、RISE & WIN Brewing Co.で実際に醸造を担当しているのが、岡本さんと引田さんのお2人です。 その内のひとり、ブルワーの岡本 昌也(おかもとまさや)さんは、徳島県北島町出身で、 現在はRISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Storeの醸造所と、 RISE & WIN Brewing Co.の第2工場を掛け持ちして、醸造に励んでいます。


ブルワーの岡本 昌也さん


ビアクルーズ管理人の一言:
2017年10月、RISE & WIN Brewing Co.の第2工場「STONEWALL HILL」への訪問を検討していたところ、 テイスティングルームが完成したという情報を入手して、早速訪れてみました。



 HOME >> 四国 >> KAMIKATZビール