六甲ビール


ブルーパブ名: 六甲ビール醸造所第二工場  タップルーム ※開業予定
電話番号:
住所: 兵庫県神戸市北区有野町有野字森下164-1
定休日: 土日曜
営業時間: 9:00〜18:00
ビールの種類: スサノオIPA (インディア ペールエール)
BAY ALE (ゴールデンライスエール)
BROWN ALE (イングリッシュ インディア ペールエール)
いきがり (ゴールデンエール)
PORTER (ポーター)
ヴァイツェン (ヴァイツェン)
カシスビア (フルーツエール)
醸造開始: 2019年2月1日
アクセス: 神戸電鉄 三田線/五社駅から徒歩12分
URL: http://www.rokko-beer.com/
Facebook: 六甲ビール

製造元: 有限会社アイエヌインターナショナル  六甲ビール醸造所第二工場
電話番号:
住所: 兵庫県神戸市北区有野町有野字森下164番1
アクセス: 神戸電鉄 三田線/五社駅から徒歩12分

六甲ビール(ろっこうびーる)は、兵庫県神戸市北区で1997年から製造される老舗のクラフトビールです。
六甲ビールを製造する六甲ビール醸造所は、有馬温泉にほど近い六甲山の北の麓にあります。 そして、創業から20年の節目である2017年には、醸造規模拡大を目指して、 六甲ビール醸造所から250mほど西側へ第二工場を新たに建設して、2019年2月からビールの出荷が始まりました。 第二工場では、醸造設備をすべて新規に導入し、加えて缶詰めの機械を導入し生産体制を強化しました。

六甲ビールでは、原材料にドイツ産、イギリス産の麦芽とアメリカ産、ドイツ産、ニュージーランド産のホップを使用し、 六甲山系の美味しい水を仕込み水として使用して醸造しています。
六甲ビールのフラグシップビールとも言える「BAY ALE」(ベイエール)は、ペールエールスタイルのビールで、 原材料に日本酒に使用される有名な酒米「山田錦」(兵庫県産)を使って醸造するライスエールです。 <つまり、米(ベイ)エール!?> そして、ローストモルトを使用した「BROWN ALE」、チョコレートモルトを使用した「PORTER」を含めた3種類が、 六甲ビールの定番ビールとなります。

BAY ALE

BROWN ALE

PORTER

スサノオIPA

いきがり

ヴァイツェン

カシスビア

いきがり

NZカシスビア

六甲ビールのお求めは、六甲ビール醸造所や六甲ビール醸造所第二工場にて直接購入できるほか、 神戸市内の百貨店、酒販店などで瓶ビール、缶ビールを購入することができます。 また、「HOP STAND」や「Brew Pub スターボード」はじめ、 神戸市内、有馬温泉、東京、大阪などの飲食店では樽生を飲むことができます。 詳細は、六甲ビールのホームページ「買える店」、「飲める店」にてご確認願います。
また、海外への展開も開始しており、マカオ、中国、イタリアなどへ輸出しています。



六甲ビールを製造する有限会社アイエヌインターナショナルは、1997年創業のビール製造メーカーで、 六甲山北側の麓にある六甲ビール醸造所及び、六甲ビール醸造所第二工場で製造しています。
有限会社アイエヌインターナショナルの創業者で代表取締役の中島さんは、 兵庫県神戸市の出身で、以前は外資系企業に勤務し主にプラント開発や工場のエンジニアリングを担当されてきた方です。 中島さんは、前職の会社員時代に出張で米国やドイツを周り、そうした国々のビール文化に触れ、 ビール造りに興味を持つようになりました。 そんな中、1994年の酒税法改正による規制緩和でビール造りが身近なものになって来たことから、 中島さんはビール造りを決意し、勤務していた会社を退職して、ビールメーカーを起業しました。

現在は、専務取締役を務める中島 学(なかじままなぶ)さんが、父親である社長に代わって、 アイエヌインターナショナルを切り盛りしています。
有限会社アイエヌインターナショナルの専務取締役 中島 学さんは、 大学卒業後、IT系企業へ入社。その後、社長が高齢化する中、実家の継ぎ手がいないことを憂慮し、 10年間続けてきた会社を思い切って退職することを決断。給与0円と一生結婚出来ないことを覚悟した上で脱サラし、 2012年4月にアイエヌインターナショナルへ入社しました。

六甲ビール醸造所の創業期からの経緯
1997年8月六甲ビール醸造所を設立
1997年11月酒類等製造免許(ビール)を取得
1997年12月17日六甲ビールを販売開始
2013年醸造設備を拡張、 ビール生産能力を2.5倍に増強
2015年酒類等製造免許(発泡酒)を取得
2017年12月六甲ビール醸造所第二工場竣工
2017年12月〜2018年2月第二工場へ醸造設備を導入
2018年12月3日第二工場として酒類等製造免許(ビール、発泡酒)を取得
2019年2月1日第二工場で製造したビールの出荷開始

第二工場の完成によって、生産量が大幅に拡大しました。 また、缶ビールの充填ラインも整備され、缶ビールの販売を開始しました。
当面、従来の六甲ビール醸造所も継続稼働しており第二工場との棲み分けとしては、 定番ビールなど大量生産するビールは第二工場で製造し、 限定醸造ビールや試験醸造ビールなどは従来の六甲ビール醸造所で製造して行きます。

一方、第二工場ではタップルーム開業の計画もあり、 ゆくゆくは醸造所内で出来立てのビールを味わうこともできるようになります。

第二工場では、従来の六甲ビール醸造所のメンバに加え、新たな戦力を投入することにしました。
ヘッドブルワーを務める大渕 拓也(おおぶちたくや)さんは、長野県長野市出身で、 大学卒業後、2018年7月にアイエヌインターナショナルへ入社。
仕込み担当の鶴田 勇人さんは、前職では日本酒の蔵元で酒造りをしていた方で、 2019年1月中旬にアイエヌインターナショナルへ入社。
そして、ボトリング担当が前村 芳秋さんです。

専務取締役の中島 学さんに今後の六甲ビールについてお聴きすると、 「今は先が見えない時代。3ヶ月先も見えない。 (そんな環境下でも六甲ビールは)根源としては、美味しいビールを広めて行くこと。 技術的なこだわりを常に持ち続けていきたい。技術力には自信があるので、今後とも進歩を続けて行くと思う。 それと業務の効率化もどんどん図って行きたい。ビール造りは、とにかく費用がかかるもの。 設備にしても、生産管理のソフトにしても、建物の維持にしても、あらゆることにお金が掛かる。 よって、これからも自社でできることは自前主義でいく。 そして、地域の活性化も大切にして行きたいと思う。」と語ってくれました。

中島 学さんのご厚意で醸造設備を見せてもらいましたので、ご紹介します。


六甲ビール醸造所第二工場





中央が事務所、ブルワリーのエントランス、 右手がタップルームのエントランス


醸造設備





仕込み設備
左側は糖化槽(マッシュタン)兼ろ過槽(ロイター)、 右側は煮沸槽(ケトル)兼ワールプール
1バッチは、2,400リットル


左側が貯湯タンク(ホットリカー)、 右側が2,400リットルの発酵タンク


この3基のタンクは、見掛けは発酵タンクなのですが、貯酒タンクとして使用中
手前の2基が2,400リットルの貯酒タンク、 奥の大きいタンクが4,800リットルの貯酒タンク


冷蔵庫


冷蔵庫の中には、合わせて10基の貯酒タンクを設置


左列の4基、 手前から2番目が2,400リットルの貯酒タンクで、それ以外の3基が4,800リットルの貯酒タンク


中央列の4基、 4基とも2,400リットルの貯酒タンク


右列の2基、 手前が1,200リットルの貯酒タンク、 奥が2,400リットルの貯酒タンク


専務取締役の中島 学さん


ヘッドブルワーの大渕 拓也さん



ビアクルーズ管理人の一言:
2020年1月、東京都内のクラフトビール専門店「クラフトビアマーケット 淡路町店」で、 六甲ビール醸造所第二工場で醸造した「NZカシスビア」と「いきがり NEO classic」を飲みました。
2020年3月、兵庫県神戸市北区にある「六甲ビール醸造所第二工場」を訪れました。 その際に、全種類のビールを購入し、自宅で飲みました。



 HOME >> 関西 >> 六甲ビール