白雪ビール


ブルーパブ名: [パブなし]
ビールの種類: スノーブロンシュ (ベルジャン ホワイトエール)
幸民麦酒 (ブロンドエール)
ゴールドエール
ブラックエール
醸造開始: 2019年10月25日

製造元: 小西酒造株式会社  富士山蔵
電話番号: 072-782-5262
住所: 兵庫県伊丹市東有岡2丁目13番地
アクセス: JR福知山線/伊丹駅東口から徒歩5分
阪急電鉄 伊丹線/伊丹駅から徒歩15分
URL: http://www.konishi.co.jp/
Facebook: 小西酒造株式会社

白雪ビール(しらゆきびーる)を醸造する小西酒造は、 1550年(天文19年)創業、清酒「白雪」で広く知られる大手酒造メーカーです。 同社は、地ビールブームを生む規制緩和の行なわれた1994年以前よりベルギービールの輸入・販売を手掛けていました。 そして、1995年にベルギービールに強く影響を受けた自社製のオリジナルビールの製造を開始し、 自社製ビールを飲んでもらう場所として白雪ブルワリービレッジ長寿蔵(ちょうじゅぐら)をオープン。 それから24年が経過した2019年には、清酒工場として建てられた富士山蔵(ふじやまぐら)へ、 ビールの主力工場を移転しました。

小西酒造では、原材料にベルギー産の麦芽とホップを使用し、 清酒「白雪」にも使用される伊丹の清冽な水を仕込み水として使用して醸造しています。
スノーブロンシュは、原材料に小麦を使用したベルギースタイルのホワイトビールです。 副原料には、ハーブのコリアンダーとオレンジピールを使用しています。
幸民麦酒(こうみんばくしゅ)は、日本で最初に造られたビールとされる、 幕末の蘭学者川本 幸民によって造られたビールのレシピを、幸民が残した「化学新書」を元に忠実に再現したビールです。 清酒酵母を併用。
ゴールドエールは、原材料に日本酒醸造に用いられる酒米「山田錦」と清酒酵母から造られています。

スノーブロンシュ

ゴールドエール


スノーブロンシュ

幸民麦酒


小西酒造のこれまでの経緯は、以下の通りです。
1550年(天文19年)伊丹の薬屋 小西新右衞門が濁酒造りを開始
1635年(寛永12年)頃二代目 小西宗宅が「白雪」を清酒に命名
1933年(昭和8年)小西酒造株式会社を設立
1988年11月ベルギービールの取扱い開始
1995年6月16日白雪ブルワリービレッジ長寿蔵をオープン、白雪ビールを販売開始
1996年7月18日名古屋へ白雪ブルワリービレッジ グランプラスをオープン
1998年長寿蔵にて酒類等製造免許(ビール、発泡酒)の永久免許を取得
2002年10月14日白雪ブルワリービレッジ グランプラスを閉店、当館での醸造終了
2013年2月1日本社を長寿蔵近隣から富士山蔵敷地内へ移転
2019年8月19日富士山蔵にて酒類等製造免許(ビール、発泡酒)を取得
2019年10月25日富士山蔵で醸造したビールを販売開始

長寿蔵の醸造設備は、継続使用可能な状態にはなっていますが現在は稼働しておりません。





小西酒造 富士山蔵



ビアクルーズ管理人の一言:
2020年3月、兵庫県伊丹市にある「富士山蔵」を訪れた後に、 JR福知山線を挟んだ反対側にある「白雪ブルワリービレッジ長寿蔵」を訪れて、白雪ビールを飲みました。



 HOME >> 関西 >> 白雪ビール