中野ビール工房


ブルーパブ名: 中野ビール工房
電話番号: 03-3385-3301
住所: 東京都中野区中野5-53-4 昭和新道商店街 板塀前
定休日: 無休
営業時間: 平 日: 18:00〜23:00
土日祝: 15:00〜21:00
ビールの種類: ライトブラウン
ペールエール
クリーム
ホワイト
IPA
営業開始: 2014年5月25日
アクセス: JR中央線、東京メトロ 東西線/中野駅北口から徒歩5分
URL: http://nakanobeer.blogspot.jp/

製造元: 株式会社麦酒企画
電話番号: 03-3385-3301
住所: 東京都中野区中野5丁目53番4号 岡野ビル1階
URL: http://beerkobo.web.fc2.com/


中野ビール工房は、「街のビール屋さん」を目指す麦酒企画(びーるきかく)が展開するブルーパブで、 高円寺麦酒工房阿佐谷ビール工房荻窪ビール工房 に次ぐ4店舗目として2014年5月に開業しました。
JR中野駅北口から目の前のアーケード街を抜けて右手2筋目の昭和新道商店街から路地へ少し入ったところに中野ビール工房はあります。 中野ビール工房は、麦酒企画のビール工房の中では一番小さな店舗で、 他店と同様に手造り感のある木工造りのお店です。 店内は、1階のワンフロアに醸造所とビールやフード類を販売するデリバリーカウンター、 そして立ち飲みのカウンター席、ボックス席、小ぶりなお座敷席があります。


昭和新道商店街から袋小路に入ります


中野ビール工房


中野ビール工房の店内


ボックス席


和室風な天井部屋


立ち飲みカウンター


ガラス越しにビール工房を眺めながら飲める座敷





カウンターは全て立ち飲みスタイルです

中野ビール工房は、ビールもフード類もすべて500円均一というワンプライスになっていて、 お会計はキャッシュオンデリバリー方式(前払い)になっています。


タップが並ぶデリバリーカウンター

また、ビールを少しでもお手頃な日常価格で提供するため、洗いものにかかる人件費を抑える目的で、 ジョッキは同じものを利用してもらうシステムになっています。エコな感じもしますよね。
ということで、おかわりのビールを注ぐ前に、ジョッキをちょいとすすぐためのジョッキ洗浄機が、 カウンターに設置してあります。


麦酒企画他店と同様なセルフジョッキ洗浄機


醸造設備

中野ビール工房では、原材料にドイツ産、オーストラリア産、イギリス産の麦芽と、 イギリス産、アメリカ産、チェコ産、オーストラリア産のホップを使用して醸造を行なっており、 非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールを造っています。 仕込みは週に3回行い、常に5種類前後のラインナップを揃えています。

ライトブラウン

ペールエール

クリーム

ホワイト

IPA

フードメニューとしては、おつまみや簡単なお食事メニューを提供しています。


みそ串カツドック


タコのからあげ


ポテトサラダ

中野ビール工房は、以前ボーイズバーがあったところで、2014年2月から改装工事を開始し、 水まわりやガス工事、空調などを除いたその他の内装工事は、 すべて麦酒企画のスタッフによる手作業で造りあげました。
そして、2014年4月14日に酒類等製造免許(発泡酒)を取得、それから仕込みに取り掛かり、 同年5月25日のオープンに漕ぎ着けました。

中野ビール工房の店長を務める藤川貴之さんは、 これまでに阿佐谷ビール工房、高円寺麦酒工房と2つの店舗でビール造りの修行を続けて来ており、 中野ビール工房の開店と同時に、同店の店長に着任しました。
「新しさを追求して行きたい。他がやらないことをやって行きたい。」と藤川さんは、 ビール造りへの意気込みを語って下さいました。


店長兼ブルワーの藤川貴之さん

ビアクルーズ管理人の一言:
2014年6月、麦酒企画が新たな店舗をオープンしたと聞いて、中野ビール工房を訪れました。



 HOME >> 関東 >> 中野ビール工房