高円寺麦酒工房


ブルーパブ名: 高円寺麦酒工房
電話番号: 03-5373-5301
住所: 東京都杉並区高円寺北2-24-8
定休日: 月火曜休
営業時間: 水木金: 17:00〜22:30
土日祝: 15:00〜20:30
ビールの種類: アメリカン ペールエール
レッドエール
ジャーマン ピルスナー
シュバルツ
アメリカン ラガー
ペールエール
ライトブラウン
ホワイト
シルクホワイト
ブロンド
クリーム
IPA
営業開始: 2010年12月25日
アクセス: JR中央線/高円寺駅北口から徒歩4分
URL: http://beerkobo.web.fc2.com/

製造元: 株式会社麦酒企画
電話番号: 03-5373-5301
住所: 東京都杉並区高円寺北2-24-8


高円寺麦酒工房(こうえんじびーるこうぼう)は、 「街のビール屋さん」を目指す麦酒企画(びーるきかく)の発祥の地となるブルーパブです。
JR高円寺駅北口を出て、静かな住宅街の中を北向きに進んで行くと、 閑静な住宅に囲まれた場所に高円寺麦酒工房が現れます。 外観は普通の民家と変わらず、隣の家との間のクルマ2台分くらいの空間に木製のデッキが設けられ、 そこが高円寺麦酒工房のエントランスになっています。 元々フォトスタジオだった建物を、オーナーの能村夏丘さんご夫婦が改装して、素敵なブルーパブとして甦らせました。


高円寺麦酒工房





エントランスの奥には、醸造所があります

醸造所には、150リットルの仕込み用のタンク3基があり、年間10キロリットル以上の生産能力があります。
高円寺麦酒工房の店内は、木製の壁やカウンター、テーブル、イスなどが暖かみを感じさせてくれます。 店の奥の席は一段高くなっていて、店内を見晴らす感じになっています。


高円寺麦酒工房の店内








カウンターの奥には8本のタップが並びます(開店当時)


ビールを注いでいるのは、オーナーでありブルワーの能村夏丘さんです


現在では、タップは12本に拡張されました

高円寺麦酒工房のビールは、税制では発泡酒に分類されます。無ろ過なので酵母が生きています。
最初に飲んだアメリカン ペールエールは、大手ビールメーカーのビールのように、癖がなく飲み易いビールでした。

アメリカン ペールエール

レッドエール

ペールエール

ライトブラウン

ホワイト

ブロンド


高円寺麦酒工房のフードメニューは、チーズやソーセージ、ナッツ類などのおつまみメニューから、揚げ物、 厚切りベーコン炙り焼き、自家製ビールのどて煮、季節のサラダ、デザートなどが用意されています。


半熟たまごのシーザーサラダ


キノコマリネとスモークサーモンサラダ


たこの唐揚げ


チーズとくるみの盛合せ



開店当時に使われていたお会計のお札です

能村さんが高円寺麦酒工房の立ち上げに当たり、 指導を仰いだ師匠と呼ぶのが岡山の吉備土手下麦酒醸造所の永原社長です。 吉備土手下麦酒醸造所の永原さんは、その後もお弟子さんを何にも輩出していくのですが、 高円寺麦酒工房の能村さんが最初だったことから、 「吉備土手下麦酒醸造所のお仲間醸造所」の第一号醸造所となりました。



麦酒企画が展開する麦酒工房は、高円寺麦酒工房の他に以下の各店舗があります。

阿佐谷ビール工房  (阿佐谷、2012年7月14日開店)
荻窪ビール工房  (荻窪、2013年9月1日開店)
中野ビール工房  (中野、2014年5月25日開店)
西荻ビール工房  (西荻窪、2015年3月19日開店)
高田馬場ビール工房  (高田馬場、2016年2月18日開店)
ビール工房所沢  (所沢、2016年11月23日開店)

ビアクルーズ管理人の一言:
2011年2月、初めて高円寺麦酒工房を訪れました。当時は、能村さんがお一人でフロアを切り盛りしていました。 その時には、麦酒企画がここまで成長するとは、想像していませんでした。能村さんの経営手腕は、すごいと思います。



 HOME >> 関東 >> 高円寺麦酒工房