塩嶺麦酒


ブルーパブ名:  信州塩尻農業公園 チロルの森
電話番号: 0263-51-8100
住所: 長野県塩尻市大字北小野相吉5050
定休日: 無休、9月〜4月は火曜休
営業時間: 9:30〜17:00 (季節により変動あり)
ビールの種類: ピルスナー
ボック [醸造終了]
ウィーン
シュバルツ
メルツェン
ヴァイツェン [期間限定]
レッドエール [期間限定]
信州の瑞穂 (バーレーワイン)
営業開始: 1999年4月28日
アクセス: JR中央本線/塩尻駅からタクシーで約20分
URL: http://www.tirol.gr.jp/
Facebook: 信州塩尻農業公園チロルの森

製造元: 株式会社ファーム
電話番号: 0263-51-8100
住所: 長野県塩尻市大字北小野相吉5050番地

塩嶺麦酒(えんれいびあ)は、 長野県塩尻市にあるテーマパーク「信州塩尻農業公園 チロルの森」で1999年より製造・販売されてきたビールです。
信州塩尻農業公園 チロルの森は、 欧州オーストリアのチロル地方をモチーフにした標高1,000mにある農業公園型のテーマパークです。 チロルの森には、地ビールをはじめ、パン、ピザ、ソーセージなどの手作り工房、 そば打ち体験、アイス作り、オカリナの絵付け、木工クラフトなど様々な体験教室、 リスやうさぎとのふれあいから、乗馬、牛の乳しぼり体験などを楽しめる動物ふれあい広場、 ゴーカートやおもしろ自転車、芝すべり、足漕ぎボートなどの遊具エリア、 その他、お花畑に飲食施設や土産物店など多彩な施設が揃っています。 自然を満喫しながら家族や友人と一日ゆったりと過ごせるパークです。
信州塩尻農業公園 チロルの森は、2020年11月29日を以って閉園しました。


チロルの森の入園ゲート前


チロルの森の入園ゲート


地ビール工房


ガラス越しに醸造設備が眺められます


ビールの醸造工程の説明 (現在は撤去されています)


塩嶺麦酒は、本場ドイツの製法を忠実に再現した麦芽100%の非熱処理で無ろ過の酵母が活きるビールです。 原材料には、ドイツ産の麦芽とチェコ産・ドイツ産・ニュージーランド産のホップを使用し、 地元 塩尻の水を仕込み水として使用して醸造しいてます。

ピルスナー

シュバルツ

メルツェン


旧ラベルのピルスナー、 ウィーン、 シュバルツ


ウィーン、 シュバルツ、 メルツェン


レッドエール、 信州の瑞穂


信州塩尻農業公園 チロルの森の醸造所の醸造長 安川 正雄(やすかわまさお)さんは、とても明るい気さくな人柄の方で、 現在は一人で醸造を担当しています。以前には同じ株式会社ファームが経営する 大阪府堺市の「堺の緑のミュージアム ハーベストの丘」の醸造所立ち上げにも参画していました。


醸造長の安川 正雄さん


信州塩尻農業公園 チロルの森を運営する株式会社ファームは、 日本全国にファームパークを展開するレジャー関連会社です。 そのファームが、信州の自然を活かしたパークとして1999年4月28日に開園したのが信州塩尻農業公園 チロルの森です。 「チロルの森」という名称のパークは、愛媛県西条市へ1996年7月20日に開園した「石鎚芸術村 チロルの森」に次いで2ヶ所目となりました。
塩嶺麦酒は、園内の「憩いの森 街エリア」(当初、味散歩の街)にある地ビール工房で醸造していました。

2018年2月28日には、酒類等製造免許(ビール)移転を取得。

その後、2020年9月28日に株式会社ファームは、近年の入園者数の減少や、 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を理由に、同年11月29日に閉園することを発表しました。 また、2020年10月1日には株式会社ファームが、 株式会社ワールドインテックに吸収合併され同社のパークマネジメント事業本部に運営を移管。 同年11月初旬には、塩嶺麦酒の醸造を終了。 そして残念ながら、信州塩尻農業公園 チロルの森は、9月の発表通り、2020年11月29日を以って閉園しました。

信州塩尻農業公園 チロルの森の他にビールの製造・販売を手掛けるファームパークとしては、
赤城クローネンベルグ(群馬)[閉園]
滋賀農業公園 ブルーメの丘(滋賀)[醸造終了]
京都府農業公園 丹後あじわいの郷 ゆーらぴあ(京都)[閉園]
堺・緑のミュージアム ハーベストの丘(大阪)
神崎農村公園 ヨーデルの森(兵庫)[閉園]
おかやまフォレストパーク ドイツの森(岡山)[醸造終了]
斐川リフレッシュパーク 出雲いりすの丘(島根)[運営撤退]
石鎚芸術村 チロルの森(愛媛)[休園]
エルンデ大洲(愛媛)[閉園]
憩いの里あぐりの丘(長崎)[運営撤退]
などが、ありました。


ビアクルーズ管理人の一言:
1999年9月、長野県塩尻市にある農業公園型のテーマパーク「信州塩尻農業公園 チロルの森」を訪れて、 塩嶺麦酒を初めて飲みました。



 HOME >> 甲信越 >> 塩嶺麦酒